神戸大学塚本・寺田研究室主催

「人間改造計画」シンポジウム
~Human AugmentationとInteractive技術の耽美なる融合~

塚本・寺田研究室では、設立以来ウェアラブル・ユビキタスコンピューティングを推進してきました。その大きな目標は人間自体を改造することであります。本シンポジウムでは、これまでの成果を踏まえて、人間を情報科学によってどのように改造していくかについて、多視点から論じていきます。結果として人類の将来の姿を明らかにしていきたいと思います。なお、このシンポジウムは、CREST「経験サプリメントによる行動変容と創造的協働」塚本グループの成果報告、および、CREST「提示系心理情報学に基づくインタラクション基盤確立」の成果報告を兼ねています。

日程・会場・参加費

日程
2019年11月21日(木)
報告会&講演会 13:00〜17:30
懇親会 19:00〜21:00
会場
神戸ファッション美術館オルビスホール
〒658-0032
神戸市東灘区向洋町中2-9-1
六甲ライナー アイランドセンター駅 東出口から南東へ徒歩すぐ
アクセス
参加費
報告会&講演会:無料
懇親会(予定):(一般)6,000円、(学生)3,500円
*お支払いは現金のみとなっております。クレジットカード・電子マネー等は御利用になれませんので、ご了承下さい。
参加登録はこちら

研究発表

「経験サプリメントによる人間改造計画」
神戸大学大学院工学研究科 教授 塚本昌彦

「提示系心理情報学による人間改造計画」
神戸大学大学院工学研究科 教授 寺田 努

特別講演-1

「ディジタルサイボーグ技術による人間改造計画」
東京大学先端科学技術研究センター身体情報学分野 教授 稲見昌彦

特別講演-2

「e-コーチングによる人間改造計画」
名古屋大学大学院情報学研究科知能システム学専攻 教授 間瀬健二

特別講演-3

「身体性改変とスマートコーチングによる人間改造計画」
広島大学大学院工学研究科生体システム論研究室 教授 栗田雄一

その他イベント

主催

神戸大学大学院工学研究科電気電子工学専攻塚本・寺田研究室

後援

特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構
特定非営利活動法人日本ウェアラブルデバイスユーザー会(WUG)
センサーネットワーク研究会(U2A)

問い合わせ

sec[at]ubi.eedept.kobe-u.ac.jp