光る募金箱

posted by on 2019.12.25, under イベント
25:

M1の青木です。

今年も光る募金箱を制作し、ルミナリエで募金活動を行いました。

今年は、NHK神戸で募金箱の制作と募金活動の様子の密着取材がありました。
初めてのテレビ出演で、とても緊張しました。

 

募金活動の様子

募金活動の様子

募金活動の様子

集合写真

塚本寺田研究室では毎年、LED等を使ったオリジナル募金箱を製作し、ルミナリエで募金活動を行っています。このプロジェクトはルミナリエ存続を願う市民の声を聞き、 立ち上がったものです。今年も3個の新作、6個を昨年より引き続き使用し、計9個の募金箱を携えルミナリエに参加しました。

今年は、330万円以上の募金に貢献しました。

この活動について毎日新聞・神戸新聞に取り上げて頂きました。以下のリンクをご参照下さい。
神戸新聞
毎日新聞

来年も継続して行うので、光る募金箱をお楽しみに!!!
神戸ルミナリエ(公式)
イルミネ神戸2019

ISCA2019

posted by on 2019.12.25, under イベント
25:

ブログをご覧の皆様

お久しぶりです。
M1の恵村です。

さて、以前当ブログにてご案内させていただいたように、11月29,30日にグランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボにて開催されたISCA(INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD)のデジタルコンテンツ部門に研究室所属の5名で参加して参りました。

ISCAの展示ブース

 

私たちはタピオカの通過を検知し、タピオカミルクティのイルミネーションとカロリー表示を行う「tapilight」の紹介を行う展示ブースの出展を行いました。

 

ISCAは国内外の芸術系、情報メディア系の大学や大学院、専門学校の学生を対象にした映像作品やデジタルアートを主に扱っているアワードです。

 

 

当日は、僕たちが参加させていただいたデジタルコンテンツ部門の全作品の展示ブース、センターステージでの映像作品の発表が行われていました。各作品の発表の合間には第一線で活躍されているゲストの方々の講演会や作品発表があり、私の大好きなAC部さんの高速紙芝居も間近で見ることができました!

 

 

1日目の終了後にはISCAの宴が開かれ、各界の重鎮の方々や、同じ参加者の学生と親睦を深めました。

 

最終日には各作品の表彰が行われ、僕たちの作品は入選作としてトーフィー(トロフィー)と副賞をいただきました。

賞状をいただくチームつかけん

どの作品も同世代の学生で作られているものとは思えないほどの完成度で、今後の励みになりました。

 

 

普段、学会やワークショップ等での発表は多くしておりますが、ISCAのようなアートをメインにした場で発表する機会はあまりないので、非常に貴重な体験であるとともに、研究の新たなアプローチの仕方を得ることができ非常に有意義であったと感じています。

参加者全員で集合写真

また来年も参加させていただけるような面白いデバイスを作成したいと思います!!

塚本・寺田研究室主催「人間改造計画」シンポジウム ~Human AugmentationとInteractive技術との耽美なる融合~

posted by on 2019.12.24, under イベント
24:

ブログをご覧の皆さん
こんにちは

ドクターの上田です。

2019年も残すところあと数日ですね。
皆さんにとって、2019年はどんな年だったのでしょうか。
私たち塚本・寺田研究室にとって、2019年は設立15周年の記念すべき年です。

そこで、研究室設立15周年を迎えてこれまでの研究成果を振り返るべく、11月21日に塚本・寺田研究室主催「人間改造計画」シンポジウムを神戸ファッション美術館のオルビスホールで開催しました。

本シンポジウムはCREST「経験サプリメントによる行動変容と創造的協働」塚本グループの成果報告、および、CREST「提示系心理情報学に基づくインタラクション基盤確立」の成果報告を兼ねており、これまでの研究成果を踏まえて、人間を情報科学によってどのように改造していくかについて、多視点から論じていき、人類の将来の姿を明らかにしていくことを目的としたシンポジウムです。

このブログでは、シンポジウムの内容を簡単に紹介したいと思います。
まずは、シンポジウムのオープニングです。
オープニングでは、M2の近藤君と東南君が作ってくれたムービーと研究室卒業生の藤本さんが立ち上げたm plus plus社によるパフォーマンスがありました。

オープニングパフォーマンス

オープニングパフォーマンス

パフォーマンス後に塚本先生と寺田先生が舞台に登場してシンポジウムが始まりました。

シンポジウムでは、塚本先生と寺田先生の講演に加えて特別講演として稲見昌彦先生(東京大 教授)、間瀬健二先生(名古屋大 教授)、栗田雄一先生(広島大 教授)の3人の先生を招いて、講演をしていただきました。
講演では、各先生方のこれまでの研究成果から思い描かれているこれからの情報科学の姿を語っていただきました。

塚本先生講演「経験サプリメントによる人間改造」

塚本先生講演
「経験サプリメントによる人間改造」

稲見先生講演「ディジタルサイボーグ技術による人間改造計画」

稲見先生講演
「ディジタルサイボーグ技術による人間改造計画」

寺田先生講演「提示系心理情報学による人間改造計画」

寺田先生講演
「提示系心理情報学による人間改造計画」

間瀬先生講演「e-コーチングによる人間改造」

間瀬先生講演
「e-コーチングによる人間改造」

栗田先生講演「身体性改変とスマートコーチングによる人間改造計画」

栗田先生講演
「身体性改変とスマートコーチングによる人間改造計画」

講演の合間には、研究室にて博士号を取得した卒業生の方々のご紹介やウェアラブルファッションショーを行いました。

ドクターOB近況報告会

ドクターOB近況報告会

僕はファッションショーの監修を行いました。
このショーでは、これからのウェアラブルコンピューティング、特にヘッドマウントディスプレイ(HMD)の普及を見据えて、最新のHMDを装着する際のスタイリングを提案しました。
この場をお借りしてHMDを貸していだたいた皆様、モデルとしてショーに出演していただいた学生の皆様、解説していただいた塚本先生にお礼申し上げます。

ウェアラブルファッションショー

ウェアラブルファッションショー

シンポジウムの終盤には、塚本先生、寺田先生と講演していただいた3名の先生方のパネルディスカッションがありました。
先生方各々の意見がぶつかりあって、とても見ごたえのあるセッションでした。

パネルディスカッション「人間改造計画~ウェアラブルからサイボーグへ~」

パネルディスカッション
「人間改造計画~ウェアラブルからサイボーグへ~」

最後に塚本先生と寺田先生からの挨拶で本シンポジウムは閉幕となりました。

塚本先生挨拶

塚本先生挨拶

寺田先生挨拶

寺田先生挨拶

先生方の講演からパネルディスカッションを通して、先生方の頭の中の情報科学のこれまでとこれからの姿を聞くことができてとても興味深い講演でした。
塚本先生と寺田先生の講演からこれまでの塚本・寺田研究室の15年間の研究成果の一端に触れられ、各先生方が提示された今後の情報科学の進む方向を聞けて、私を含めた学生たちの刺激になったのではと思います。

本シンポジウムにご来場してくださった皆様,ご講演していただいた先生方にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。
そして、本シンポジウムの準備から本番の運営までご協力いただいた研究室の皆様と先生方、先輩方にも御礼申し上げます。
多くの方の助力によって、無事にシンポジウムを終えることができました。
とても助かりました。ありがとうございます。
個人的には、ファッションショーでもっといろいろやりたいことがあったので今後やるときはそれを達成できるように頑張ります。

皆様ありがとうございました!

皆様ありがとうございました!

クリエイティブアワードISCAにノミネートされました

posted by on 2019.11.01, under イベント
01:

気温の急激な変化に抗っているM2の櫻木です。

 

今回はお知らせとなります!

 

2019年11月29日(金)・30日(土)にグランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ
で開催されますINTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD、通称「ISCA(イスカ)」に
M2の江口・櫻木・濱本、M1の恵村・桐野江で作成したデジタルコンテンツがノミネートされました!!

 

ISCA

 

ISCAについて、このブログをご覧の皆さまに少しご紹介したいと思います。
ISCAとは国内外の芸術系、情報メディア系の大学や大学院、専門学校の学生を対象にした国際的なアワードで、未来を担う若手アーティストを発掘、育成することを目指し、2013年に初めて開催されてから今年で7回目を迎えます。
「国内映像コンテンツ部門」、「海外映像コンテンツ部門」、「デジタルコンテンツ部門」の3部門に分かれており、国内外から毎年たくさんの応募があります。
以下にISCAのホームページのURLを載せておくのでぜひ確認してみてください!
過去の受賞作品も見れますよ!とてもレベルが高く僕は感動してしまいました、、。

https://kc-i.jp/activity/award/isca/2019/

 

そんな名誉あるアワードに僕たちの作った作品がノミネートされたということで、作成者一同とても光栄なことだと感じています。
え?どんな作品を作ったのかって?
やっぱり気になりますよね!それでは少しだけお見せしましょう。

我々の作品

はい!気になるところで止めておきます!
どうやらインスタ映えがさらに加速するらしいですよ?
全貌は当日ISCAで確認してください。お待ちしております。

 

当日は作品の展示だけではなく様々なイベントがあります!
テレビでも話題のAC部さんの高速紙芝居や、言わずと知れた超有名建築家の安藤忠雄さんのスペシャルトークショーなど!
楽しそうすぎる、、、見たい、、、。
そして受賞作品発表会もあります。
審査員は著名な方ばかりでとても緊張しますが、自信をもってこの作品への愛を語ってきますので
ぜひISCAまで直接お越しいただいて熱い応援をよろしくお願いします!!

 

日時:2019年11月29日(金)・30日(土)
場所:グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ

B4コンテスト -KBT2019-

posted by on 2019.06.29, under イベント, 研究室
29:

こんにちは!

前回に引き続きブログを書かせていただきますM1の久保田です。

今年もこの時期がやってきました!
毎年恒例となりましたB4コンテストが6月19日(水)に開催されました!
今年で10回目の開催です。

B4コンテストとは、塚本・寺田研究室に新しく配属された4回生と、修士1回生による、配属から2ヶ月間の研究成果の発表会です。
今年は4回生9名、修士1回生2名の計11名が発表しました。

 

今年のタイトルは、

KBT2109 -Knock Breaking in Tsukaken-

ということで、
これまでの固定概念を壊し、新たなものに打ち込む新星への期待を込めてこのタイトルを名付けました。
 

発表者のみなさんにとっては、新しい研究を考えることから、プログラミング、デバイス作成、そして当日のデモ発表など、初めての経験ばかりでとても大変な期間だったと思います。

 

デバイス作成中の三重くん

デバイス作成中の三重くん

プログラミング中の河村くん

プログラミング中の河村くん

 

そして、発表当日。
当日は様々な分野の方々をゲスト審査員として招待し、ポスター発表、デモ発表を見てもらい、評価していただきました。

個人個人の研究に沿った、個性的でおもしろい発表がたくさんありました。

 

ポスター発表中の鷲野くん

ポスター発表中の鷲野くん

デモ発表中のサンくん

デモ発表中のサンくん

 

デモ発表中の石橋くん

デモ発表中の石橋くん

デモ発表中の岩本くん

デモ発表中の岩本くん

 

また、ゲスト審査員として参加していただいたプロマジシャンのRyu-kaさんによるパフォーマンスや、M2の方々による未来型漫才などの企画もあり、大変盛り上がりました!

 

Ryu-kaさんによるマジック(左)

Ryu-kaさんによるマジック(左)

M2の方々による未来型漫才

M2の方々による未来型漫才

 

発表後には授賞式が行われました。
審査員の方々には賞品まで用意していただき、誠にありがとうございました。

 

モリサワ賞を受賞した満仲くん

デモ発表中のサンくん

SONY賞を受賞した柳生くん

 

ポールダンサーの柚月さん賞を受賞した清水くん

ポールダンサーの柚月さん賞を受賞した清水くん

Ryu-kaさん賞を受賞した河村くん

Ryu-kaさん賞を受賞した河村くん

 

そして総合優勝したのは、、、

HCIチームの鷲野海くん!!!

 

総合優勝した鷲野海くん

総合優勝した鷲野海くん

 

優勝した鷲野くんからのコメントです。

「どうも、優勝者の鷲野です(ゆーしょー!)
2ヶ月間この日の為に毎日毎日頑張って来ました(しゅーちゅー!)
当日はうまくデバイスが動いて本当に良かったです(ゆーしゅー!)
僕実は他のB4よりも1年先に神戸大学に入っているんですよ(りゅーねん。。)
でも、1年長い分気合が違いましたね(きのせい!)
後は先輩にも恵まれました(けいれい!)
これからは院試勉強頑張ります(てきとう)
来ていただいた皆様、準備してくれた先輩、先生方ありがとうございました(かんどう)」
 
はい(笑)鷲野くんはとても面白いキャラクターをしています(笑)
今後研究室に新しい風を吹かせてくれること間違いなしですね!

 
発表したみなさんは2ヶ月間本当に大変だったと思います。KBT2019で得られた良かった点、反省点をこれからの研究に活かしていってほしいと思います。本当にお疲れ様でした。
ゆっくり休んでください、、、と言いたいところですが、2か月後に控えた院試に向けて勉強頑張ってください(笑)

また、審査員として参加していただいた方々、企画や運営などで盛り上げていただいた先生方、先輩方、同期のみんなも、ありがとうございました。

来年はどのような発表がでてくるのか、今から楽しみです。

 

発表者の集合写真

発表者の集合写真

 

メディア祭り2019@ゆめモグランドin愛媛南海放送

posted by on 2019.06.02, under イベント, メディア
02:

こんにちは!

ブログ初投稿のため不安でいっぱいのM1の桐野江です。

5月19日に愛媛南海放送で開催されたメディア祭り2019の特別企画「ゆめモグランド」というイベントで「ウェアラブルだるまさんがころんだ」と「ヒトリス」というインタラクティブゲームの体験ブースを出展しました!
今回は寺田先生、大西さん(D3)、青木(M1)、桐野江(M1)、清水君(B4)、柳生君(B4)の6名が参加しました。

前日の18日から現地に行き、展示の準備や生放送の打ち合わせを行いました。

当日はイベント開場前に寺田先生が生出演した南海放送のラジオ番組を聴きながら展示の準備を進めました。

「ウェアラブルだるまさんがころんだ」は基本ルールはだるまさんがころんだと同じルールですが,腰の位置にウェアラブルデバイスをつけて,人の体の微振動を検知し動いた人が失格になるゲームです。公平に判定されるため難易度は高めですが、非常に面白く是非体験してほしいです!

ウェアラブルだるまさんがころんだ体験コーナー

 

また、「ヒトリス」は基本ルールはテトリスと同じなのですが、自分がとったポーズの形のブロックが相手フィールドに落ちてきます。頭と体を同時に使うことを目標としていて、なかなか難しいです。

ヒトリス体験コーナー

 

当日は約3000人の方がゆめモグランドにお越しいただき、我々のブースも多い時には50人以上の行列ができていました。また、大人から子供まで多くの方に体験し楽しんでいただき、何度も体験される方もいらっしゃり大盛況でした。

 

これからも面白い研究をご紹介できるよう頑張っていきたいです。

 

078で展示をしました!

posted by on 2019.05.20, under イベント
20:

こんにちは!D3の大西です。

4月28日29日の2日間、神戸市で開催された「078」というイベントで研究展示や体験型のデモ展示、そして「ファッション×インタラクティブ 光る未来型ファッションショー&トークショー」ということで、柚月さんのダンスチームとm plus plusの皆様と塚本寺田研究室とでコラボさせていただいて、ファッションショー&トークショーを行いました。

ファッションショー&トークショーでは、ダンスとLEDパネルを同期させて光らせる演出を行いました。

LEDパネルは会場が明るくても鮮やか

研究展示では、塚本寺田研のM2、M1の学生を中心として、これまで進めてきた研究のデモンストレーションを行いました。
たくさんの研究を紹介させていただいたのですが、M1学生の研究を例に挙げると、青木君の顔の一部の画像を用いた表情推定の研究や、恵村君のパンツ型デバイスによる行動認識の研究、桐野江君の膝サポータ型デバイスによる膝屈曲状態推定の研究などをご紹介しました。

研究紹介をするM2堀江君とM2櫻木君

研究展示コーナー,M2の堀江君と櫻木君

体験型のデモ展示では、「ヒトリス」というインタラクティブゲームを展示しました。
このヒトリスは、基本ルールはテトリスと同じなのですが、自分がとったポーズの形のブロックが相手フィールドに落ちてきます。頭と体を同時に使うことを目標としていて、なかなか難しいです。ぜひ一度体験していただきたいデモの一つです。

ヒトリス体験コーナー

ヒトリス体験コーナー

これからも,面白い研究を皆様にご紹介できるよう頑張っていきます!

光る募金箱@ルミナリエ2018

posted by on 2018.12.06, under イベント, 研究室
06:

M1の東南です。

明日12月7日よりルミナリエが始まります。
今年もルミナリエに光る募金箱が登場します!

先日、11月28日に神戸市役所でのプレスリリースが行われ、新作の募金箱4つをお披露目しました。

プレスリリースの様子

プレスリリースの様子
(写真: 朝日新聞より)


塚本研究室では毎年、LED等を使ったオリジナル募金箱を製作し、ルミナリエで募金活動を行っています。このプロジェクトはルミナリエ存続を願う市民の声を聞き、 立ち上がったものです。今年も4個の新作、6個を昨年より引き続き使用し、計10個の募金箱を携えルミナリエに参加します!
この活動について産経新聞・毎日新聞・神戸新聞・読売新聞に取り上げて頂きました。以下のリンクをご参照下さい。
神戸新聞: https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201812/0011871020.shtml
産経新聞: https://www.sankei.com/west/news/181201/wst1812010020-n1.html
毎日新聞: https://mainichi.jp/articles/20181203/ddl/k28/040/217000c
朝日新聞: https://www.asahi.com/articles/ASLD271Y5LD2PIHB00Q.html

また12月2日には、ラジオ関西の「サンデー神戸」という番組の『神戸魅力人』のコーナーで光る募金箱の紹介をしてきました。今週末にホームページにアーカイブがアップロードされるので、ぜひお聞きください!
サンデー神戸: https://jocr.jp/sunday/

そして、明日12月7日の18:30ごろからNHK神戸の「ニュースKOBE発」という番組で光る募金箱が生中継されるので、ぜひご覧ください。

今年もルミナリエ期間中は毎日光る募金箱が登場する予定です!来場された際には一度光る募金箱を体験してみてください。

神戸ルミナリエ(公式): http://www.kobe-luminarie.jp/
イルミネ神戸2018: http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/illumineBokin2018/

ゼミ旅行2018!!

posted by on 2018.09.28, under イベント, 研究室
28:

おはこんばんちは!

 

初めまして、今回初めてブログを書かせていただきますB4の恵村です。

 

塚本・寺田研究室一同は和歌山県白浜町へゼミ旅行に行って参りました。

9月22日から24日の3日間で観光や、各学年による企画を楽しみました。

 

1日目は、和歌山マリーナシティへ向かいました。

マリーナシティではマグロの解体ショーを見学、解体されたマグロをその場でいただきました。

また、夜にはB4による企画を行い、大喜利や、ワードウルフなどのゲームで親睦を深めました。

B4企画の罰ゲームのヤバめのスムージーで乾杯するメンバー

B4企画の罰ゲームのヤバめのスムージーで乾杯するメンバー

2日目午前には、京都大学白浜水族館へ訪れました。

大学の水族館ということでマニアックな水棲生物がたくさんいて、とても勉強になりました。

また、近くからは白浜を代表する観光スポット円月島を眺めることができ、ロケーションも最高でした。

 

2日目午後からは、体育館をお借りしてスポーツ大会を行いました。

フットサルやアルティメット、そして研究室で新たに開発したウェアラブルスポーツを行い、汗を流しました。

ウェアラブルスポーツで一時停止している塚本先生

ウェアラブルスポーツで一時停止している塚本先生

 

1日目に引き続き、夜にはM1、M2、Dr、先生の皆さんによる様々な企画を行いました。新開発のテレビゲームなど、S2ならではの企画でとても盛り上がりました。

 

最終日にはエネルギーランドに訪れました。

3Dやプロジェクションマッピングを用いた迫力のアトラクションやトリックアートでとても楽しむことができました。

白浜エネルギーランドの前で集合写真

白浜エネルギーランドの前で集合写真

 

ロケーション、企画ともに最高のゼミ旅行でした。

旅行で得たエネルギーを糧に後期も頑張ります!

SPORTEC2018

posted by on 2018.07.30, under イベント, 未分類
30:

こんにちは!

最近、蒙古タンメンのインスタントを汗だくで食べるのにハマっているM2の西山です。
7月25~27日に東京ビックサイトで行われたSPORTEC2018にD3大西さんと参加してきました。
このイベントはスポーツ用品やヘルスケア食品の展示会となっており、最新のフィットネス機器の体験やプロテインの試飲ができたりと最近筋トレ熱が高まってきた僕にとって夢のようなイベントでした。

DSCF6195

出展社数900社のビックイベントでした

そこで僕達はASTEPで開発を進めている無電源シューズの説明員として、自身の研究を交えながら研究成果のPRを行ってきました。スポーツドクターやプロのスポーツ関係者の方などスポーツを専門とする方々から大変興味をもっていただき、今後の自分自身の研究へのモチベーションにも繋がりました。

DSCF6195

笑顔で説明される大西さん


DSCF6195

10kgのスマホケース片手に顔がひきつる私

他の出展ブースでは、今僕が使用している足圧関係のセンサの最新機種も色々展示されていて、足圧自体、スポーツや介護など様々な方向へ応用が進んでいきそうなツールであるように感じました。ランニングマシン一つとっても傾斜角や内蔵されているセンサの違い等でバラエティ豊富に揃えられており、2年後に控えたオリンピックに向け、多くの企業のスポーツへの関心や今後の発展が感じられる3日間でした。

DSCF6195

”asics”でウェアを揃えての一枚

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ