【学会参加報告】SAC2011

posted by on 2011.04.22, under 学会, 未分類
22:

塚本研究室OBの矢高です。
今さらではありますが、3/21~3/24(当時M2)に台湾の台中で行われたSAC2011に
(Symposium On Applied Computing
)にて発表を行ってきました。

【author】Shinichi Yataka, Kohei Tanaka, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
【title】A Context-aware Audio Presentation Method in Wearable Computing

写真1

SACはデータマイニングやクラウドコンピューティングなど、幅広い分野の発表
があります。
私はその中でMCA(Mobile Computing & Application)トラックで発表を行いました。
やはり英語での発表は難しく、特に質疑には満足に答えることができず、悔し
かったです。
また、当たり前のことですが、英語力がないとプレゼンの幅が狭まってしまっ
て、いい発表をするのが難しくなるとも感じました。
写真2

また、台湾は小ろんぽうや火鍋などご飯がスゴイおいしかったです!
写真3写真4

なにはともあれ、学生生活の最後にとてもいい経験ができたとおもいます。
TOEICの本を買ったので、勉強します。


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ