第153回HCI研究会

posted by on 2013.05.28, under 未分類
28:

D2磯山です。

5月24日に国士舘大学にて行われた、第153回HCI研究会に参加してきました。

会場!

できて間もないホール!

HCI研は研究室から参加している人も多く、僕もお手伝いに行ったことがあるの
ですが、自分が発表するのは今回が初でした。

招待講演は株式会社スクウェア・エニックスの簗瀬洋平さん。
最近は、あまりゲームをしなくなったのですが、裏側の話などを聞けたりして、
面白かったです。
やはりゲーム作りは奥が深かったです。
いかに自然に、かつ、いかに爽快に操作させられるか、自分が行なっている研究
にも生かしていかないとな、と思いました。

自身の発表は、
「平面をインタラクティブにする加速度センサを用いたユーザアクション認識手法」
というタイトルで行ないました。

様々な環境に設置できて、セッティング・メンテナンスを簡単にできる、インタ
ラクティブシステムを構築しよう、といった内容です。
加速度センサを設置するだけで構築可能で、これまでに2度の展示を行なってい
るのですが、まだまだこれからな内容ですので、今後さらに使い勝手の よいシ
ステムにしていきます。

道中だったので、招き猫発祥の地という説もある豪徳寺を通って帰ってきました。

謎のキャラ...

これは怖い...


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ