DICOMO2013に参加してきました

posted by on 2013.08.13, under 学会
13:

M1の今井です。
7月10日~12日にかけて開催されたDICOMO2013@北海道十勝温泉に参加してきました。

http://www.dicomo.org/2013/index.html

今年の参加者は塚本先生、寺田先生、村尾先生、川端さん、坂本さん、住友さん、出田くんと今井の8人でした。
会場が北海道の十勝ということもあり、前日に札幌に宿泊した後の十勝入りとなりました。

今年のDICOMOでは質疑応答の時間が長めに設定されており、
活発な意見交換やアドバイスが行われていました。

準備中の出田くん

発表中の坂本さん

さすがDICOMO、宴会はとてもスケールが大きかったです。
北海道の食べ物はどれも美味しい!

地元の町長さんも参加された大宴会!

みんなでワイワイ、宴会はつづく

そして毎年恒例のナイトセッション。
今年もHMDネタで攻めるようですが、結果は如何に。

ナイトセッション準備中?!

ナイトセッションのスライド?!

最終日の表彰式では、
M2の住友さんが最優秀プレゼンテーション賞を、
M1の出田と今井が優秀プレゼンテーション賞をいただきました。
そして、寺田先生がDICOMOシンポジウム活動功労賞を受賞されました。

最優秀プレゼンテーション賞をM2住友さんが受賞

優秀プレゼンテーション賞をM1の二人がダブル受賞

ホテルの入り口にて

以上、DICOMO2013の報告でした。
今回DICOMO2013に参加して、手ごたえのあったところ、反省すべきところなど、これからに繋がる経験を得ることができました。
機会があれば、来年のDICOMOも是非参加したいですね!(特にナイトセッション)

#追記 (2013.07.26)
論文賞が発表されました。

DICOMO2013シンポジウム -表彰-
http://www.dicomo.org/2013/commendation.html

*最優秀論文賞 / Best Paper Awards
「デスクトップ上の画面変化に基づく取り消し操作の可視化手法」
坂本 有沙, 片山 拓也 (神戸大学大学院工学研究科), 寺田 努 (神戸大学大学院工学研究科/科学技術振興機構さきがけ), 塚本 昌彦 (神戸大学大学院工学研究科)

*優秀論文賞 / Paper Awards
「有線で多重接続されたユビキタスコンピュータにおける回線状態モニタリングシステム」
川端 慎太郎, 藤田 直生 (神戸大学大学院工学研究科), 佐野 渉二 (公立はこだて未来大学システム情報科学部), 寺田 努 (神戸大学大学院工学研究科/科学技術振興機構さきがけ), 塚本 昌彦 (神戸大学大学院工学研究科)

*優秀論文賞 / Paper Awards
「腹囲の変化で入力する秘匿インタフェースのデバイス性能評価」
住友 裕貴, 片山 拓也 (神戸大学大学院工学研究科), 寺田 努 (神戸大学大学院工学研究科,科学技術振興機構さきがけ), 塚本 昌彦 (神戸大学大学院工学研究科)

*最優秀プレゼンテーション賞 / Best Presentation Awards
「腹囲の変化で入力する秘匿インタフェースのデバイス性能評価」
住友 裕貴(神戸大)

*優秀プレゼンテーション賞 / Presentation Awards
「加速度センサを用いたジェスチャ操作の早期認識手法の提案」
出田 怜(神戸大)

*優秀プレゼンテーション賞 / Presentation Awards
「荷重センサを用いた机上動作の認識システムの設計と実装 」
今井 淳南(神戸大)


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ