SAC 2014

posted by on 2014.04.22, under 学会
22:

今年の3月に塚本・寺田研を卒業し、
4月から東京で社会人頑張ってます、OGの坂本です。

3月24日〜28日に韓国・慶州(キョンジュ)で開催された、
SAC 2014 (Symposium On Applied Computing) で、当時M2の坂本がポスター発表を行ってきました!
 

慶州の世界遺産、仏国寺(ブルクッサ)!

慶州の世界遺産、仏国寺(ブルクッサ)!


 
B4の最初にした以来(約3年前)のポスター発表だった上に、
初めての英語での発表ということで、非常に不安と緊張いっぱいで臨みました。

“A Method for Visualizing Undone Operations Based on Changes on Desktop Screen”
という題目で今回発表してきました。

最初はなかなか上手く英語で説明できず、寺田先生に助けて頂くことも…ありがとうございました!
一方で、3時間という持ち時間の中、後半はだいぶ上手く話せるようになり、自力でちゃんと伝えられたと思います。
聞き手の方も皆さん優しい人ばかりで、私の拙い英語を熱心に理解してくれようとする姿勢が、とても嬉しかったです。
 
2014-03-27 14.25.19
 
発表後のバンケットでは、ヒルトンホテルでコース形式で韓国料理を戴きました!
英語での雑談と慣れない高級な雰囲気に落ち着かず、料理の味はあまり覚えてません(笑)

学会を通して、雑談の機会が多く、英会話能力を養うことの大事さを身に染みて感じました。
後輩の皆さん、英語で話す練習も忘れずに!簡単な英語で会話できただけでも、とても楽しかったので!
 

バンケットの様子

バンケットの様子

 
まとめると…
新鮮な出来事や今までにない経験がいっぱいでした!
社会人直前で忙しい時期でしたが、頑張って行ってよかったです。
海外で発表できたことは、今後につながる、とても良い経験になりました。

今までやってこなかった新しいことにどんどんチャレンジする、
今回のような姿勢をこれからも大事にして、社会人頑張りたいと思います!


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ