B4コンテスト-WILL2016-

posted by on 2016.07.14, under イベント, 研究室
14:

M1の中山です。

今年もこの時期がやってきました。
4月に配属されたB4が2か月間勉強し、作り上げたものを発表するB4コンテスト。
今年で7回目の開催となりました。

初めての発表ということで緊張している様子もうかがえましたが、
みんな自分がこれまでやってきいた事を堂々と発表していてわかりやすいとても良かったと思います。
前日も夜遅くまで、当日も発表直前まで調整したり工夫している姿を見て作品へのこだわりを感じました。

終始落ち着いて和やかな発表をしていた児玉くん プレゼン賞受賞

終始落ち着いて和やかな発表をしていた児玉くん プレゼン賞受賞

秘書さんの心をつかんだ仙波君 秘書賞受賞

秘書さんの心をつかんだ仙波君 秘書賞受賞

この度のB4コンテストでは、例年の客人賞に加え、Unity賞や桃谷順天館賞など非常に豪華な景品が用意されており、羨ましい限りでした。

Unityを用いた新感覚テトリス「ヒトリス」で会場を盛り上げた仙波くん Unity賞受賞

Unityを用いた新感覚テトリス「ヒトリス」で会場を盛り上げた仙波くん Unity賞受賞

服装や漂うオーラ、当日の発表などすべての面において仕上がっていた山下君 桃谷賞受賞

服装や漂うオーラ、当日の発表などすべての面において仕上がっていた山下君 桃谷賞受賞

その他、M企画のkubiバトルやドクタ企画の採点評価システムなど、企画も盛りだくさんでした。

B4それぞれ創意工夫を凝らした発表で採点も難しかったのですが、今年の優勝者は山下君
2年連続ウェアラブルチームからの優勝者です。

ポスタ賞、桃谷賞、教員賞、優勝の4冠を獲得の山下君

ポスタ賞、桃谷賞、教員賞、優勝の4冠を獲得の山下君

優勝ベルトの継承

優勝ベルトの継承

優勝した山下君のコメント。
「デバイスを一から作成すること、動作確認すること、デモを評価してもらうことなど、僕にとってすべてが初めての経験で、多くのことを学ばせていただきました。
この経験を活かし、今後の研究生活も頑張って行きたいと思います。」

というわけで無事終了したWILL2016。B4のみなさんは2ヶ月間本当に大変だったと思います。お疲れ様でした。WILL2016で得られた良かった点、反省点をこれからの研究に活かしていってほしいと思います。また、企画や運営などでWILL2016を盛り上げていただいた先輩方、同期のみんな、ありがとうございました。

2ヶ月間頑張ったB4のみなさん

2ヶ月間頑張ったB4のみなさん


年々クオリティが上がっているといわれているB4コンテスト、来年はどんな作品が出てくるのでしょうか!?
来年も楽しみですね。


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ