2009年度IPA未踏本体に採択されました

posted by on 2010.03.15, under 未分類
15:

ドクター1年の藤本です。

少し前になりますが、2009年度IPA未踏本体に、「身体表現を拡張するウェラブル大量フルカラーLEDモジュール制御システムの開発」というプロジェクトで採択されました。
未踏IT人材発掘・育成事業 2009年度下期 未踏本体 公募結果

ジェミノイドで世界的に有名な石黒先生の下で、8月まで頑張って開発していきます。

これまでは、ダンスのステップが一つの楽器となり、踊るだけで演奏を行えるウェアラブルダンシング楽器の研究を行ってきました。任天堂のWiiなどに用いられている加速度センサを使用し、DTW(Dynamic Time Warping)という認識手法でダンスステップを認識することで、踊るだけで音楽を奏でることが可能となります。

今回のプロジェクトでは、全身にフルカラーLEDを数百個装着し、身体の動きに合わせてLEDを点灯するシステムを構築します。これまで衣装というのは固定されたものであり、パフォーマンスに合わせて変化することはできませんでした。このシステムによって、光り方で動きに強弱をつけるなど今までにない新しい表現方法を提案します。
参考動画

現在では、電飾を用いた衣装は「装着しているだけ」で、身体の特徴を利用したものはありません。
このプロジェクトで開発したシステムが、
・テーマパークのナイトパレードなどの電飾パフォーマンス
・アーティストのライブパフォーマンス
・パフォーマンスとしての新しいジャンル
といった新しいエンターテイメントを創出していけるよう、これから頑張っていきたいと思います。


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ