「アグリハックin Ueyama」に参加!

posted by on 2016.10.19, under イベント
19:

D1の大西です.

2016年10月7日から8日にかけて行われたハッカソン,「アグリハックin Ueyama 農業×モビリティ×ITで上山をHackする」に個人で参加してきました.

テーマは,中山間地域での移動の自由、持続可能な農業を実現する製品・サービスの開発ということで,岡山県美作市の上山地区という場所で行われました.

上山地区では,棚田の再生を目指して活動を行っているそうで,現地の方から「草刈,水路,獣害」と3つ提示された課題のうち,私は草刈チームになりました.

まずはインプットということで下見に.

写真の左が再生した棚田,右がこれから棚田に再生したい斜面.

すごい草

すごい草

これは草刈りがかなり大変そう..

そして,下見を終え,チームでディスカッション.

課題解決のために本当に必要なことは何か,話し合います.

テーマにモビリティと入っていることもあって,自動車系の企業の方も多かったです.学生は私だけだったのかも知れません.

そして,前日の晩御飯を食べ終わったころにテーマが決まり,翌日の昼過ぎまで開発です.なかなか難しい課題だったので,テーマ決めに時間がかかり,開発時間が思ったより短くなってしまいました.正直なかなか焦りました.

足を引っ張らないよう真剣に考える私

足を引っ張らないよう真剣に考える私

私はハードウェア担当でした.

ご提供いただいたデバイスが,机の上にずらーっと並んでいたので,とてもテンションがあがりました.

デバイスがいっぱい

デバイスがいっぱい

私たちは長いディスカッションの末,草刈を記録するアプリケーション,「草刈手帳」を開発,最終プレゼンで発表しました.

さて,審査が終わり,結果は..

W受賞!

W受賞!

なんと,最優秀賞とオーディエンス賞のW受賞!
賞品は米俵と日本酒でした!さすが棚田!

一日で開発をするという緊張感や,チームで一から作り上げる楽しさを経験できました.

そして,何より多くの方々にお会いでき,世界が広がったことが今回の大きな成果です.

棚田のお米はとっても美味しかったです.
夜食におにぎりをいっぱい食べました.笑

ハッカソン全体を通じ,現地の方々の上山の棚田再生への情熱を感じました.

主催者の皆様や現地の皆様,2日間ありがとうございました!


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ