UBI研究会@福岡

posted by on 2017.06.05, under 学会
05:

塚本・寺田研究室ブログをご覧の皆様
M1の山下です。

5月25,26日に開催されたUBI研究会にD2の上田さん、M1の小玉くんと参加してきました。

UBI研究会は54回目を迎える研究会で、今回はCDS研究会との合同開催でした。

 

私自信が九州に初めてなのでわくわくしつつ、発表に対する緊張でドキドキしつつ、現地へ向かいました。

開催地は福岡県で最寄り駅がスペースワールド駅ということもあり、会場に向かう途中にはスペースワールドというアミューズメント施設を見ることができました。今年いっぱいで閉園するらしく、研究会が目的でなければぜひ訪れてみたかったです。

会場はスペースワールドから5分ほど歩いたところにある北九州イノベーションギャラリーでした。

駅を出るとみえるスペースワールド

駅を出るとみえるスペースワールド

私達S2の発表は2日目だったので、1日目は他の方々の発表を見て一日が終わりました。

大学生の発表が多かったですが、企業の方々も発表していらっしゃいました。いずれの発表も大変勉強になりました。

 

2日目の研究会は上田さんの発表で始まりました。

S2の先輩の発表を見るのは年末に開催されたUWW以来でした。

研究内容自体は知っていましたが、こうして発表の場で聞くことで改めて知ることもあり、大変参考になりました。

発表中の上田さん1

発表中の上田さん1

発表中の上田さん2

発表中の上田さん2

 

昼休憩を挟み、午後のセッションで小玉くんと私の発表がありました。

初めに小玉くんの発表で、UWWを除いて対外での発表は2人とも初めてということもあり、始まる前には2人で漠然とした不安を抱えていましたが、小玉くんの発表もとても堂々としており、多少の笑いをとっていました。良かったです。

小玉くんが無事終わり、続いて私の発表でした。

最初は緊張でマイクを持つ手がブルブルしてしまい、これは音をちゃんと拾っているのだろうかと変な不安を抱きつつ発表していましたが、発表が20分と少し長かったこともあって途中からは手も震えずうまくできたように思います。

デモを行うために髭を付けていると写真写りが大変悪くなることを発見しました。

デモ中の小玉くん

デモ中の小玉くん

見つけづらい私

見つけづらい私

初めての九州、初めての対外発表ということで色々大変でしたが、終わってみると楽しく、勉強になることがたくさんあったように思います。

これからも絶えず研究を進めて、こういった研究会・学会で発表していきたいです。

ありがとうございました。

会場横にある東田第一高炉

会場横にある東田第一高炉

――
表彰
・学生奨励賞
上田 健太郎(神戸大)
「衣服のシワを用いた入力インタフェースの性能評価」
――
発表一覧
上田 健太郎(神戸大), 寺田 努(神戸大/JSTさきがけ), 塚本昌彦(神戸大), “衣服のシワを用いた入力インターフェースの性能評価”.
小玉亮輔(神戸大), 寺田 努(神戸大/JSTさきがけ), 塚本昌彦(神戸大), “鼻腔情報のセンシングに基づく状況認識手法”.
山下将平(神戸大), 寺田 努(神戸大/JSTさきがけ), 塚本昌彦(神戸大), “口周辺の形状変化による状況認識手法”.


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ