第178回HCI・第48回EC合同研究発表会

posted by on 2018.07.04, under イベント
04:

こんにちは
W杯観戦と研究で寝不足続きのM1の正月です。6月14日から15日に東京大学福武ホール地下2階の福武ラーニングシアターで正月と東南君が参加しました。
東南君は1日目に研究発表、2日目には僕の研究発表をしました。

1日目の午後の東南君の研究発表です。題目は「ホールセンサを用いたルービックキューブの回転認識デバイス」です。
東南君の発表はホールセンサを用いてルービックキューブの回転を認識するデバイスを作る研究で、興味を持った方が多く質問を投げかけ、議論していました。

続いて、2日目の午後の僕の研究発表です。
題目は「センサを用いた偏咀嚼防止及び咀嚼回数促進の検討」です。3つのセンサを用いて偏咀嚼を防止する方法を検討しました。発表中に僕の咀嚼音を盛大に再生したため、ゲストたちを不快にさせてしまいました。咀嚼の研究を行っている先生たちからのアドバイスをいただき、今後の研究の参考にしていきたいです。

発表を終えて東京大学の前で記念写真を撮りました。

-発表一覧-
(登壇)
・東南颯, 寺田 努, 塚本昌彦
“ホールセンサを用いたルービックキューブの回転認識デバイス”
・正月凌介, 寺田 努, 塚本昌彦
“センサを用いた偏咀嚼防止及び咀嚼回数促進の検討”


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ