MoMM 2018に参加しました

posted by on 2018.11.28, under 受賞, 学会
28:

最近は気温もグッと下がって寒い季節になってきましたね。
先日、僕は今年購入したファーのベストを初めて着ました。
ファーはすごい暖かくてアウターの幅も広がって満足している上田です。

11月19日から21日までインドネシアのジョグジャカルタで開催された
The 16th International Conference on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM 2018)に行ってきました。
寺田先生と立命館大の双見先生と僕の3名が参加しました。
僕は、衣服のシワを使った4種類の入力方法の習熟や様々な姿勢と装着位置での操作性などの性能を測定、比較した研究を発表しました。
二日目の最初の発表だったので前日の夜に入念に練習したんですが、本番ではものすごく噛みました。

発表中の上田

今回のMoMMでは、初めて国際会議で座長も務めました。
自分の発表のあとのセッションの座長だったので、発表後も気が休まなかったです。
すこし変な間が生まれてしまいましたが、質疑もできてなんとか座長の仕事も終えることでできました。

双見先生は二日目の午後に発表されてました。

発表中の双見先生

インドネシアは気温30℃と11月の日本より気温が約20℃も高く、
日本ではパーカーにダウンを着てましたが、10時間後には半袖で過ごしていました。
インドネシア料理といえば、ナシゴレンとミーゴレンですが、もちろん食べました。
むしろ、ほぼ毎日ナシゴレンとミーゴレンを食べてました。

ジョグジャカルタはジャワ島の中央南側にあり、世界遺産の2つの寺院にアクセスしやすい観光都市です。
バンケットでは、その世界遺産の1つプランバナン寺院群を見ながら夕食を楽しみました。

ライトアップされたプランバナン寺院群

夕食後は現地のバレエショーを鑑賞しました。
このバレエは古代インドの大長編叙事詩であるラーマヤナの内容を扱っていて、
ラーマ王子が、誘拐された妻シーターを奪還すべく大軍を率いて、ラークシャサの王ラーヴァナに挑む姿を描いているそうです。

民族舞踊ラーマーヤナダンス

 

踊り子さんたちとの記念撮影

発表に遺跡や舞踏の鑑賞など、MoMMに参加してインドネシアを堪能しました。
そしてなんと、MoMMではベストペーパーをいただくことができました!!

ベストペーパー受賞

まさか国際会議で賞をいただけるとは思ってもいなかったので、名前を呼ばれたときは一瞬気が付きませんでした(笑)
これからもベストペーパーに選ばれるような論文を書けるように研究に励んでいきたいと思います。

集合写真

-表彰-
*Best Paper
Kentaro Ueda, Tsutomu Terada, and Masahiko Tsukamoto
“Evaluation of Input using Wrinkles on Clothes”

-発表一覧-
(登壇)
– Kentaro Ueda, Tsutomu Terada, and Masahiko Tsukamoto
“Evaluation of Input using Wrinkles on Clothes”
– Kyosuke Futami, Tsutomu Terada, and Masahiko Tsukamoto
“A method for prevention of missing a target vehicle by using a vehicle timetable with a fiction of vehicle departure time intervals”


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ