EC2019

posted by on 2019.10.03, under 学会
03:

国家資格勉強中、B4の松井です。

9月20日~22日に福岡の九州大学大橋キャンパスで開催されたEC2019(Entertainment Computing 2019)にM2の正月さんと、M1の久保田さんと私で参加いたしました。

1日目は久保田さんと私の口頭発表があり、久保田君はEC2019最初の発表者でした。
そんなトップバッターというプレッシャーの中でも、オタクコスプレをしながらハキハキと発表を行っていました。
私の出番は午後で、18分という経験したことのない長い発表時間でしたが、落ち着きを払って無事に発表を終えることができました。
質疑応答ではアイドルやボーカロイドの話が出てきて、とても楽しい雰囲気でした。

オタクコスプレで発表する久保田

オタクコスプレで発表する久保田

落ち着いて発表する私

落ち着いて発表する私

2日目は正月さんの口頭発表です。
堂々した発表、質疑にも的確に返答、壇上での冷静な姿は見てて勉強になりました。

冷静沈着に発表する正月

3日目は久保田さんと私のデモ発表。
予定では午後スタートでしたが、台風接近のため急きょプログラムが変更になり午前中の発表に!!
バタバタしながらデモの準備を急いで行い、デモ発表に挑みました。
久保田さんは成功したようですが、私はシステムが上手く動かずグダグダになってしまいました・・・

デモ発表する久保田

デモ発表する松井

 

 

そして、90分のデモ時間もあっという間に終わりすぐにクロージング。
飛行機が運休という状況の中、台風から逃げるように会場を離れ新幹線で帰りました。
学会が開かれていた3日間、皆で福岡を満喫してきました!
私自身、成功しなかったデモ発表が唯一の心残りなので、次回の機会にデモ発表のリベンジをしたいと思います。

集合写真

 

-発表一覧-
・口頭
正月凌介, 寺田 努, 塚本昌彦
“センサ及びマイクを用いた偏咀嚼防止システムのフィードバック手法の検討“
久保田倉平, 寺田 努, 塚本昌彦
“拡張現実感を用いた目標型追跡支援双眼鏡“
松井勇介, 寺田 努, 塚本昌彦
“ストレッチセンサを用いた残呼気量提示機能をもつ歌唱支援システム“

・ポスター&デモ
久保田倉平, 寺田 努, 塚本昌彦
“拡張現実感を用いた目標型追跡支援双眼鏡“
松井勇介, 寺田 努, 塚本昌彦
“ストレッチセンサを用いた残呼気量提示機能をもつ歌唱支援システム“


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ