SICE2019

posted by on 2019.09.16, under 学会
16:

そろそろ学生生活の終わる博士課程の大西です。
9月10日から13日にかけて開催された国際会議the SICE Annual Conference 2019 (SICE 2019)に参加してきました。

会場についた私

これまで行ってきた研究の一つである、家事スキルの評価にむけたふきんの絞り方の評価についての研究を発表しました。

この研究を始めたころは、ただただひたむきにふきんの絞り方だけと向き合っていたのですが、この研究を通して得た経験が生かされ、今は医療、リハビリ、スポーツ、子育てなどの様々な分野の研究に関わらせてもらっているというように感じています。
そしてこの研究をやっていくうちに、ふきんの絞り方のバリエーションに気づき、周りの皆さんのふきんの絞り方が気になりはじめ、ふきんをしぼっている人を見るとなんだかそんな場面が見れて「ラッキー」とちょっとテンションが上がるようになってしまいました。

研究って楽しいですね!
これからも頑張ります!

-発表-
・口頭
Ayumi Ohnishi, Yuki Urata, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto:
Toward Skill Evaluation of Wringing a Kitchen Towel Using Myoelectric Sensors


There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ