平城遷都1300年祭

posted by on 2010.05.07, under イベント
07:

こんにちはB4の伊藤です。
5月3日に開催された、「平城遷都1300年祭 聖再来エンターテインメントファッションショー」に出演してきました。

何をやったかというと、プロジェクションカホン&プロジェクションピアノです。音楽チームのB4、2人で作ったのはプロジェクションカホンの方で、カホンに圧電素子を取り付けてデータを送信する「ハード」と受信したデータを解析して演出を施すようにする「ソフト」の2つにわかれて作業をしました。
プロジェクションについてはあとで触れます。

私が担当したのは「ソフト」の方です

さて当日、お昼頃に現地に到着。舞台裏はまさしく戦場でした。

いや冗談ではないですよ。ステージといえばサークルのゆるゆるなものしか経験したことがない私には、いい表現だと思っています。

弾丸のようにリハが終わり、開幕であります
P1000630

まず初めは、写真の通り、万葉シャオニャンというユニットが遷都祭に即した歌を歌って、このステージが開幕!!

僕はずっと舞台裏下手側から眺めていましたが、歌うまいですね、ホント。

後ろの画面の文字は合成ではありません。あしからず。

僕らの出番は、第三部のトップ。転換は1分という短い時間のなか、段取り通りにセッティングをこなし、無事本番へ。
P1000642

写真では明るすぎて、ただの演奏にしか見えませんが、実際はカホンには光のエフェクトが施されている…はずです。いや、何か見えてたというお客さんからの声もあったそうなので、とりあえずクリア。

P1000537
アップ。見えにくくて申し訳ないですが、演奏者の手元および白いスクリーンあたりに何かあるのがわかるかと思います。
こういったエフェクトを出しながら演奏しているのがプロジェクションだと考えてもらえればいいです。
右のピアノを弾いているのが、我らが竹川先生。左のカホンを叩いているのが、パーカショニストの山下さん。

ちなみに「カホンって何?」って人はググってみてください。僕が説明するよりよくわかるはずです。っていうか僕もあんまり知りません。

そのあとはファッションショー。
P1000644

和服から、近代的(?)な衣装まで、次々にショーが進んでいきます。舞台上は綺麗なモデルさん達が優雅に歩いていましたが、舞台裏は裏で、やっぱり戦場です。やっぱプロはすげぇわぁ。

そういえば、僕は片づけ等で見れなかったんですけど、武田さんもこのショーにモデルとして出てたみたいです。

写真がなくて残念…と思ってたら佐野さんから写真をいただいたので、武田さんの雄姿をとくとご覧あれ!!そして佐野さんに感謝!!
P1000548

P1000658

ファッションショーが終わって、次は藤本さんがLEDウェアラブルコンピューティングのダンスパフォーマンスと題してのダンス。
ダンスに合わせてLEDが光ってます~!!写真ではやっぱり見づらいですけど、肉眼ではしっかり光ってましたよ!!僕は横からしかみてないのでどんな風に光ってたかはわかりませんが、光ってましたよ。
P1000558
これも佐野さんの写真より。後ろのスクリーンの方が鮮明に光っている様子が映ってたので、それをアップにしました。

フィナーレを迎えて、ようやく終了。いや~疲れましたけど、いい経験をさせていただきました。

P1000580


pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ