俺たちのルミナリエ募金

posted by on 2010.12.15, under 未分類
15:

m2の川那部です。

今年もルミナリエが終わりました。

募金箱の制作から始まった、僕たちのルミナリエ。

あっという間に募金活動も終わってしまいました!

僕たちが集めた募金の総額は,他のルミナリエのボランティアの方にも手伝っていただいたのもあり,847,712円集めることができました。

目標であった1000,000円には届かなかったことは残念でした。

が,募金してくれる来場者と募金を集めるボランティアの方の両者ともに楽しめたのでよかったです。

頑張って作った甲斐がありました。

こういう仕掛けのある募金箱は,新しい募金活動のスタイルなのでは?なんて思ったりしました。

神戸の震災を忘れないためにも,ぜひ来年もルミナリエが続いてほしいです。

写真は募金活動中の様子と塚本先生とツカボーです!

募金活動中塚本先生とツカボー


ルミナリエでの募金活動日程のお知らせ(訂正版)

posted by on 2010.12.03, under 未分類
03:

こんにちはM1の秋山です。

塚本研究室の募金活動日程のお知らせです。

研究室で作った募金箱を使った募金活動は、昨日2(木)と本日3(金)の他、
4(土)、5(日)、10(金)、11(土)、12(日)の活動を予定しています。

活動時間は基本的に18時~20時ですが、4(土)、12(日)の二日間は17時から募金活動を行う予定です。
また、4(土)、10(金)、12(日)の三日間は塚本研究室のマスコットキャラクター”ツカボーちゃん”が登場予定です!

会場にお越しの際はルミナリエ募金にご協力いただくと共に、ぜひ募金箱やツカボーちゃんを探してみてください!!

募金活動

募金活動に励むツカボーちゃん

—–訂正—–

活動時間の表記が18時~21時となっていましたが、18時~20時に訂正させていただきました。

ご来場の際はご注意下さいますようお願いします。


ルミナリエでパフォーマンス(12日)

posted by on 2009.12.15, under イベント
15:

12日20:00からの市民ステージの出演は無事終わりました。

コンピュータやセンサの難しい研究をいかに一般の方にも楽しんでもらえるショーにするか…毎年少しずつ成長してずいぶん完成度も高くなったと思います。もちろん改善点は山ほどあるのですが、ステージ上の人も裏方もみんなうまく連動できたと思います。

それでは写真で振り返ってみましょう。

まずは塚本教授ののご挨拶。なぜかキンチョーしていてちょっとおもしろいです

塚本先生挨拶

かっこいいオープニングは山本哲也(D)作演出

DSC06461

関西のスティーブ・ジョブス(?)こと岡田智成(M1)のHMDを使ったウェアラブルMC

DSC06474

子どもが不思議そうに見ていたプロジェクターとHMDを利用したパフォーマンスは池田惇(M1)次の日から慌ただしく学会で海外に

interactive balls

完全にエアDJスタイルを確立した!富林トミー豊(M2)

DSC06516

今年も竹川助教と丸山裕太郎(M1)のユニット楽器によるセッション

DSC06497

竹川助教のイルミネピアノは音色も映像も美しい。身内からも感嘆の声が

DSC06535

お待ちかね、電電クルーのダンスは今年は女子2名が加わりました

DSC06595

右下をクリックするとHDでみれます

そして今年のトリは募金箱たちです。後でステージ下でも募金活動してもらいました

DSC06646

あっ最後に寺田准教授のお言葉。ひきしまりますね

DSC06655

ここから番外編。電電クルーのみんなも終わってほっとしている様子

DSC06679

太田脩平(B4)の小型プロジェクターを使った募金用インタラクティブパフォーマンスも(協力:O-Planning 大野 功二,しなさま@志成堂工務店)

DSC06327

DSC06314

打ち上げ!!

DSC06724

DSC06725

DSC06730


ルミナリエ市民ステージでのパフォーマンス

posted by on 2009.12.07, under イベント
07:

博士1年の藤本です。

12月12日(土曜日)の20時から30分間、神戸ルミナリエ市民ステージにて、ステージパフォーマンスを行います。
市民ステージの場所は東遊園地の南側、噴水の横になります。
ルミナリエ周辺の地図

パフォーマンスの内容は、
・Wearable DJ
加速度センサを利用することで、ジェスチャーによって音楽を制御します。
参考動画
・Interactive Balls
プロジェクターを用いたパフォーマンス。プロジェクターで投影した映像をパフォーマーが操作します。HMDを装着することでパフォーマンスの状況を把握することができ、作りこまれた映像を再生するだけでなく、パフォーマー自身が映像を操作することが可能なシステム。
参考動画
・Unit Instruments Show
ギター・ピアノの各要素を組み合わせた新しい楽器。各楽器の特性を利用した演奏が行えます。
参考動画
・プロジェクション鍵盤
ピアノの演奏に合わせて鍵盤とその周辺にプロジェクターによって映像が投影されます。ピアニスト助教・竹川佳成のすばらしい演奏と、美しい映像をお楽しみください。
・LEDダンス(team 電電クルー)
全身にLEDを装着した服を着てダンスを行います。ダンスと光のコラボレーションをお楽しみください。
参考動画

全体の司会は修士1年の岡田(Wearable MC)が行います。
Wearable MCとは、HMD(Head Mounted Display)を利用して台本を表示したり、適切な情報を指示することで司会のサポートを行うシステムです。システムを利用することによって、スムーズな司会が行えます。

作成した募金箱の説明も行います。

一般のお客様も楽しめるステージにしたいと思っています。
よろしくお願いします。


ルミナリエ2009での活躍中の募金箱

posted by on 2009.12.06, under イベント
06:

ルミナリエきれいですね!
この間紹介した塚本研究室自作の募金箱がどうのようなものか気になっている方もおられると思いますが、12/6日の様子をyoutubeにアップしました。
カメラは急遽、友達から借りたのですが、やっぱり一眼レフは素晴らしい。

それでは、コウボキン君とツカラボキン君の様子をどーぞー

光の回廊の最後あたりは人の流れが早く、募金してもらうのは大変な中、割と頑張っていると思います(^^;
ボランティアのみなさん、募金に協力していただいているみなさんありがとうございます!

yamamoto


ルミナリエ募金記者発表

posted by on 2009.11.30, under メディア
30:

IMG_0229本日、神戸市役所にて神戸ルミナリエでの募金活動、ステージイベントについての記者発表がありました。

主だった新聞社の方に取材に来ていただき、このような写真を撮影していただいたり,制作した募金箱やステージイベントのアピールを行うことができました。
明日の新聞が楽しみです。
このことで、ルミナリエの募金が増え、募金活動へ少しでも多くの協力ができれば嬉しいです。

#募金箱制作メンバー


募金箱製作中・・・

posted by on 2009.11.23, under イベント
23:

製作風景
ルミナリエに向けて2種類の募金箱を製作中です.
先週は研究室のメンバーみんな2日間泊まり込みで設計・製作に取り組みました.みんなで机を囲んではんだ付けするのも案外面白いものです.また,この2日間の合宿で研究室の楽しさをさらに知ることができました.毎日合宿していたいくらいです.
ルミナリエ点灯式まであと10日ほど...みんなに楽しんでもらえるような募金箱ができるよう,力を合わせてがんばります.
どんな募金箱ができるか楽しみにしていてください.


ルミナリエ募金箱のアイデア募集

posted by on 2009.11.10, under メディア
10:

8日の読売新聞に今年のルミナリエの募金箱のアイデアを募集している記事が掲載されました。
オンライン版はこちらです。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hyogo/news/20091108-OYT8T00079.htm
たくさんのアイデアをお待ちしていまーす。


【アイデア募集】 ルミナリエで利用する募金箱

posted by on 2009.10.27, under イベント
27:

いよいよ今年も神戸ルミナリエが近づいてきました。
塚本研究室ではセンサ等の知識を生かし、募金箱を作って募金活動に役立てたのですが、昨年,一昨年ともに非常に好評でした。
そこで、今年は広くアイデアを公募して、研究室で形にしようと考えました。
もちろん、ルミナリエ期間中、募金に使用します。
(研究室で勝手にやっている訳ではありません。神戸市役所の許可を得ていますのでご安心を)
だれでも応募できます。子どもさんでしたら簡単なスケッチでもかまいません。
詳しくはメールtukalab-sec@ruby.kobe-u.ac.jp でお問い合わせください。

(m.n)


pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ