2010ワイマールの旅

posted by on 2010.06.07, under 研究室
07:

D2の藤本です。

やっとドイツから帰ってきました。
2009年IPA未踏プロジェクトの「身体表現を拡張するウェラブル大量フルカラーLEDモジュール制御システムの開発」に関係したLEDパフォーマンスの作品作りのため、ドイツのワイマールに1週間滞在していました。

ドイツは21時過ぎまで日が落ちないのに驚きました!夜がこんなに明るかったら犯罪も少ないんだろうなと思いました。今回の旅はほんとに安全でした。

今回は、東京藝術大学の宇都縁さんと一緒に製作をしてきました。
宇都さんはこれまでにプロジェクタを使った以下のような作品を作っています。

コンセプトが近いこともあり、以前一緒にやりましょうと声をかけていて、今回実際に一緒に作ろうと連絡したらバウハウス大学に留学中とだということで、気分転換もかねてドイツに行ってきました。ここのところ六甲から出たことがなかったので。。。

僕が動きと光のイメージを考え、大体どのような音にしてほしいか宇都さんにお願いし、できた音を元に動きと光を細かく構成していきました。

P1000781

作品は完成次第Youtubeにアップロードする予定ですので、楽しみにしておいてください。
一音ずつ時間をかけて丁寧に音楽を作っていく宇都さんを見て、ダンスの振付けを真剣に考えていた自分の学部生時代の感覚を思い出し、やる気が出ました。
これからは頑張って研究と作品作りを両立させていきたいなー

最後の一日だけ観光にハイデルベルクに行ってきました。
城が見えるまで30分近く歩いてたんですが、見えたときは感動でした!

P1000816

P1000828

戦争で壊れた部分がそのままになっていて、感慨深いものがありました。

P1000845

ドイツ料理もすごい美味しかったです。テュリンガークロッセ(じゃがいもの団子?)が一番好きでした。昼はずっと作業だったので、夜ご飯だけが楽しみでしたw
P1000757

研究室のお土産として、HARIBOグミをスーパーにあった種類全部買ってきました!これがすごい重い!僕はドイツで5袋食べました。
P1000785

たまに環境を変えるというのは大事だなと思いました。今回みたいにドイツまで行かなくても違う環境で作業することは可能なので、また機会があれば挑戦したいと思います。


2009年度IPA未踏本体に採択されました

posted by on 2010.03.15, under 未分類
15:

ドクター1年の藤本です。

少し前になりますが、2009年度IPA未踏本体に、「身体表現を拡張するウェラブル大量フルカラーLEDモジュール制御システムの開発」というプロジェクトで採択されました。
未踏IT人材発掘・育成事業 2009年度下期 未踏本体 公募結果

ジェミノイドで世界的に有名な石黒先生の下で、8月まで頑張って開発していきます。

これまでは、ダンスのステップが一つの楽器となり、踊るだけで演奏を行えるウェアラブルダンシング楽器の研究を行ってきました。任天堂のWiiなどに用いられている加速度センサを使用し、DTW(Dynamic Time Warping)という認識手法でダンスステップを認識することで、踊るだけで音楽を奏でることが可能となります。

今回のプロジェクトでは、全身にフルカラーLEDを数百個装着し、身体の動きに合わせてLEDを点灯するシステムを構築します。これまで衣装というのは固定されたものであり、パフォーマンスに合わせて変化することはできませんでした。このシステムによって、光り方で動きに強弱をつけるなど今までにない新しい表現方法を提案します。
参考動画

現在では、電飾を用いた衣装は「装着しているだけ」で、身体の特徴を利用したものはありません。
このプロジェクトで開発したシステムが、
・テーマパークのナイトパレードなどの電飾パフォーマンス
・アーティストのライブパフォーマンス
・パフォーマンスとしての新しいジャンル
といった新しいエンターテイメントを創出していけるよう、これから頑張っていきたいと思います。


pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ