研究 « 塚本・寺田研究室 blog! | 神戸大学工学研究科S2 ウェアラブルコンピューティングやユビキタスコンピューティングを研究しています!

MobiCASE2018

posted by on 2018.03.06, under 学会
06:

塚本・寺田研究室ブログをご覧の皆様
M2の三木です。
2月28日(水)~3月2日(金)に大阪府茨木市にて開催されたMobiCASE2018(9th EAI International Conference on Mobile Computing, Applications and Services)に磯山先生、OBの渡邊さん、M2の中山君、三木の4人が参加してきました。
中山君が登壇発表とデモ発表、私と渡邊さんがデモ発表を行いました。
私も中山君も初めての国際会議だったので、しっかりと準備をして学会に臨みました。
上記の発表は全て3日目だったので、1、2日目は他の学生の発表を聞いていました。

DSCF6195

会場となった立命館大学茨木キャンパス

DSCF6197

建物はグッドデザイン賞を受賞

3日目は午前の登壇発表終了後に1min madnessというセッションにて、ポスターおよびデモの発表者は1分間で研究の紹介をしました。
僕は動画を使った紹介だったのですが、初めての英語での説明は普段以上にかみまくってしまいましたが、動画がウケていたのでよかったです(写真はないです)。
渡邊さんは英語での説明が慣れていらっしゃって、すごくかっこよかったです。
中山君は少しトラブりましたが、紹介自体は落ち着いた英語で発表していて、さすがでした。

DSCF6195

1min madness中の渡邊さん

DSCF6197

1min madness中の中山君

MobiCASEでのポスターおよびデモ発表はランチを食べながら行うセッションでした。

DSCF6195

ポスター/デモセッションの様子

DSCF6197

ランチ

中山君のデモは多くの人が興味を持ち、体験をされていました。
質問に対しての返答が難しかったそうです(笑)。
渡邊さんは1min madnessに引き続き、かっこよくデモされていました。

DSCF6195

デモ中の中山君

DSCF6197

デモ中の渡邊さん

それに対して私は聞き取りが全くできずで、非常に苦しみました。
返答については簡単な英語でできる限り答えましたが、質問に対しての回答になっていたのかが不安でした。
就職後も必要となってくるので、しっかり精進しないとなと感じました。

DSCF6328

デモ中の私


そして本会議の大トリを務めた中山君
しっかりと練習したんだなということが感じられる堂々とした発表でした。
質疑にもしっかりと返答できていました。

DSCF6195

発表中の中山君

DSCF6197

質疑応答中の中山君

今回の学会をもって、3年間に渡る研究室生活を締めくくりました。
3年間、多くのことを塚本寺田研究室にて学ばせていただきました。
次の環境でもここで学んだことを生かしたいと思います。

DSCF6362

塚本寺田研究室集合写真

-発表一覧-
(登壇)
・Ryo Nakayama, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
“A System for Training Stuffed-Suits Posing without Suit”

(デモ)
・Takahiro Miki, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto
“An Eyeglass to Present Information to a User and Others Separately by LED Blinking”

・Hiroki Watanabe, Tsutomu Terada
“Improving Ultrasound-based Gesture Recognition by Partially Shielded Microphone”


2015年度研究紹介動画を公開しました

posted by on 2015.10.19, under 研究室
19:

M1の倉橋です。

2015年度に在籍しているM1以上の学生の研究を紹介する動画を公開しました。

これまでWeb上ではテキストや写真で主に研究内容を紹介していましたが、
この動画により多くの方に塚本・寺田研究室の取り組みを知っていただけると思います。

各研究テーマ10秒程度で、全6分半になっています。
私たちの研究分野と関係の無い方が見ても、
ユニークで面白い研究があると思うので是非御覧ください。

動画はこちらでも公開しています。
TSUKAMOTO TERADA LAB » Research


第91回音楽情報科学研究発表会

posted by on 2011.08.04, under 学会
04:

こんにちはM1の伊藤です。
7/27(水)~7/29(金)に関西学院大学の神戸三田キャンパスで開催された第91回音楽情報科学研究発表会(通称「夏のシンポ」)に行ってきました。
初めての対外発表でした。緊張しました。1人で行きました(近いですしね)…
ってあれ?1人!?はい、1人です。
本当は先生も来る予定だったのですが、やんごとなき事情により来れなくなってしまいました。
つまり1人で発表!
対外発表を何回も行っている歴戦の研究者さんならまだしも、私まだまだひよっこですので緊張しましたよ。
ですが、それはそれで成長した…のかな?いや、成長したに違いない!

登壇発表の後はデモ発表を行いました。
僕以外にも登壇発表をした学生さんでデモ発表をしていた方もいらっしゃいました。
個人的に興味のあるデモもあって見に行きたいと思ったのですが、僕もデモ発表していたので当然のことながら見に行くことはできませんでした。

そして正直な話、当たり前のことかもしれませんが、登壇発表での質疑よりデモ発表での質疑の方が濃い内容で議論できたので、このときの議論は今後の自分の研究にプラスになると思っています。

対外発表がどういう雰囲気のものなのか、どういう質問をされるのかなどがわかり、月並みなまとめかもしれませんが、いい経験になりました。

あ、あと写真は撮れてません。ご容赦を。


第30回ユビキタスコンピューティング研究会

posted by on 2011.06.16, under 学会, 未分類
16:

塚本研究室M1の中村です。先月の27日に東芝科学館で開かれた第30回ユビキタスコンピューティング研究会で発表を行ってきました。極度の緊張状態を迎えた僕の発表は言葉をかみまくりのとばしまくりでした。

発表様子

一緒に研究会に行った村尾さんの発表は、さすがの一言につきるものでした。
また、昼の休憩時間には東芝科学館の見学をさせていただきました。笑顔が素晴らしいお姉さんの説明とともにCELLREGZAや消費電力が以上に高い巨大電球などを見せていただきました。東芝に就職したいと思いました。その後、寺田先生と村尾さんは会議があるので、一人でさみしくうどんをすすりました。
ベテランの方の発表をこの目で見れ、へたくそながらも発表の場にたて、非常に良い経験となりました。

一緒に研究会に行った村尾さんの発表は、さすがの一言につきるものでした。

また、昼の休憩時間には東芝科学館の見学をさせていただきました。笑顔が素晴らしいお姉さんの説明とともにCELLREGZAや消費電力が以上に高い巨大電球などを見せていただきました。東芝に就職したいと思いました。その後、寺田先生と村尾さんは会議があるので、一人でさみしくうどんをすすりました。

ベテランの方の発表をこの目で見れ、へたくそながらも発表の場にたて、非常に良い経験となりました。


NTTコミュニケーション科学基礎研究所 オープンハウス2010

posted by on 2010.05.31, under イベント
31:

M1の武田です。

先日「NTTコミュニケーション科学基礎研究所 オープンハウス2010」に行ってきました。
NTT
IMG_0715

プログラムは以下のようになっており
http://www.kecl.ntt.co.jp/openhouse/2010/program.html

前から興味のあったVISCUITについての説明や不思議な体験をできた錯覚などに関する研究などがあり、大変興味深い研究ばかりでした。

最先端に触れるとともに研究に対する熱意を感じ、今後の自分のモチベーションを上げる良い機会と成りました。


2009年度IPA未踏本体に採択されました

posted by on 2010.03.15, under 未分類
15:

ドクター1年の藤本です。

少し前になりますが、2009年度IPA未踏本体に、「身体表現を拡張するウェラブル大量フルカラーLEDモジュール制御システムの開発」というプロジェクトで採択されました。
未踏IT人材発掘・育成事業 2009年度下期 未踏本体 公募結果

ジェミノイドで世界的に有名な石黒先生の下で、8月まで頑張って開発していきます。

これまでは、ダンスのステップが一つの楽器となり、踊るだけで演奏を行えるウェアラブルダンシング楽器の研究を行ってきました。任天堂のWiiなどに用いられている加速度センサを使用し、DTW(Dynamic Time Warping)という認識手法でダンスステップを認識することで、踊るだけで音楽を奏でることが可能となります。

今回のプロジェクトでは、全身にフルカラーLEDを数百個装着し、身体の動きに合わせてLEDを点灯するシステムを構築します。これまで衣装というのは固定されたものであり、パフォーマンスに合わせて変化することはできませんでした。このシステムによって、光り方で動きに強弱をつけるなど今までにない新しい表現方法を提案します。
参考動画

現在では、電飾を用いた衣装は「装着しているだけ」で、身体の特徴を利用したものはありません。
このプロジェクトで開発したシステムが、
・テーマパークのナイトパレードなどの電飾パフォーマンス
・アーティストのライブパフォーマンス
・パフォーマンスとしての新しいジャンル
といった新しいエンターテイメントを創出していけるよう、これから頑張っていきたいと思います。


日経ネット関西版 家庭版スマートグリッド、大和ハウスなど実験

posted by on 2010.01.13, under メディア
13:

照明器具やテレビなど家庭にある電気製品の電力消費を制御する技術への取り組みが記事になりました。

日経ネット関西版

家庭版スマートグリッド、大和ハウスなど実験――電気製品の電力消費制御、住宅間で融通
http://www.nikkei.co.jp/kansai/news/news007074.html

by yamamoto


pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ