EC2019

posted by on 2019.10.03, under 学会
03:

国家資格勉強中、B4の松井です。

9月20日~22日に福岡の九州大学大橋キャンパスで開催されたEC2019(Entertainment Computing 2019)にM2の正月さんと、M1の久保田さんと私で参加いたしました。

1日目は久保田さんと私の口頭発表があり、久保田君はEC2019最初の発表者でした。
そんなトップバッターというプレッシャーの中でも、オタクコスプレをしながらハキハキと発表を行っていました。
私の出番は午後で、18分という経験したことのない長い発表時間でしたが、落ち着きを払って無事に発表を終えることができました。
質疑応答ではアイドルやボーカロイドの話が出てきて、とても楽しい雰囲気でした。

オタクコスプレで発表する久保田

オタクコスプレで発表する久保田

落ち着いて発表する私

落ち着いて発表する私

2日目は正月さんの口頭発表です。
堂々した発表、質疑にも的確に返答、壇上での冷静な姿は見てて勉強になりました。

冷静沈着に発表する正月

3日目は久保田さんと私のデモ発表。
予定では午後スタートでしたが、台風接近のため急きょプログラムが変更になり午前中の発表に!!
バタバタしながらデモの準備を急いで行い、デモ発表に挑みました。
久保田さんは成功したようですが、私はシステムが上手く動かずグダグダになってしまいました・・・

デモ発表する久保田

デモ発表する松井

 

 

そして、90分のデモ時間もあっという間に終わりすぐにクロージング。
飛行機が運休という状況の中、台風から逃げるように会場を離れ新幹線で帰りました。
学会が開かれていた3日間、皆で福岡を満喫してきました!
私自身、成功しなかったデモ発表が唯一の心残りなので、次回の機会にデモ発表のリベンジをしたいと思います。

集合写真

 

-発表一覧-
・口頭
正月凌介, 寺田 努, 塚本昌彦
“センサ及びマイクを用いた偏咀嚼防止システムのフィードバック手法の検討“
久保田倉平, 寺田 努, 塚本昌彦
“拡張現実感を用いた目標型追跡支援双眼鏡“
松井勇介, 寺田 努, 塚本昌彦
“ストレッチセンサを用いた残呼気量提示機能をもつ歌唱支援システム“

・ポスター&デモ
久保田倉平, 寺田 努, 塚本昌彦
“拡張現実感を用いた目標型追跡支援双眼鏡“
松井勇介, 寺田 努, 塚本昌彦
“ストレッチセンサを用いた残呼気量提示機能をもつ歌唱支援システム“


第52回EC・第183回HCI合同研究発表会

posted by on 2019.06.23, under 学会
23:

こんにちは。

大学院の授業が予想以上に大変で疲労困憊のM1の久保田です。

6月10日(月)、11日(火)に東京大学で行われた第52回EC・第183回HCI合同研究発表会に参加してきました。

東京に降り立った瞬間に嵐のような大雨に見舞われ、一人ぼっちで不安いっぱいの私に追い打ちをかける一撃となりました。
水分をたっぷり含んだ重いパンツとキャリーケースを引っ張り、びしょびしょになりながらなんとか東京大学に着きました。

発表はキャンパス内にある山上会館という場所で行われ、とても綺麗で立派な会館でした。

東京大学

東京大学

発表場所の山上会館

発表場所の山上会館

 

私はコンサートやステージで使用されるLEDを用いた光る衣装や装置の開発、運用を行っているm++株式会社とともに共同研究を行っており、公演中にLEDが故障してしまった時の観客が抱く違和感を定量的に求める研究について発表しました。

発表時間が20分ほどあり、長い時間発表することは初めてだったので、大変緊張しました。
発表後には本当にたくさんの方に意見をいただき、様々な議論ができました。
いただいたアドバイスを基に、今後の研究へしっかりと活かしていこうと思います。

研究室から参加した学生が私一人ということもあり、はじめは緊張していましたが、二日間を通して様々な方の話を聞くことができ、とても面白く興味深いものばかりで勉強になりました。

以上、第52回EC・第183回HCI合同研究発表会の報告でした。

-発表-
久保田倉平, 寺田 努, 柳沢 豊, 塚本昌彦
“LEDパフォーマンスにおける故障による違和感の定量化の検討”

 


EC2016

posted by on 2016.11.14, under 学会
14:

塚本・寺田研究室ブログをご覧の皆様
M1の三木です。

2016年11月12日〜14日に大阪のグランフロントと相愛大学で開催されたEC2016にD3の土田さんとB4の仙波君と参加しました。

今年はACEと共同開催ということで例年より2ヶ月ほど遅い開催でした。

1日目はグランフロントで行われ、仙波君がデモ発表と口頭発表を行いました。
プロジェクタの用意を忘れるという事態が起きましたが、すぐに学校まで取りに行き,口頭発表までには帰ってきました。

デモに向けて気合十分な仙波君

デモに向けて気合十分な仙波君

学校から帰ってきて準備に取り掛かる仙波君

学校から帰ってきて準備に取り掛かる仙波君

その後もバタバタしましたがなんとかデモをスタート!!
img_0643

その後すぐに口頭発表へ!
s__4235374
他大学の先生方からたくさんの意見をもらっていました。
初めての対外発表お疲れさんでした!!

発表終了後すぐにまたデモへ!!
1日目はLINE LIVEで映像配信があり、事前にその番組内でデモ発表が決まっていた仙波君。
そしてなんとこの番組のゲストの方々から賞をいただきました!!
おめでとう!!

インタビューを受ける仙波君

インタビューを受ける仙波君

特別賞受賞

特別賞受賞

その後もずっとデモをしていました。
ACEのデモもやっていたので海外の方も多いかったのですが、仙波君(1年間の留学経験あり)は流暢な英語で説明をしていました。
一日中のデモ、さらに口頭発表お疲れさまでした。

デモ発表中の仙波君

デモ発表中の仙波君

疲労困憊な仙波君

疲労困憊な仙波君

2日目は相愛大学本町キャンパスでのデモ発表と登壇発表
この日は土田さんの口頭発表と私と土田さんのデモ発表。
img_3346

まずは朝一のセッションで土田さんの発表。
久しぶりに土田さんの発表を聞かせていただきました。
今朝までかけてプレゼン資料を作って自信がないとおっしゃられていましたが、
すごくわかりやすい説明をされていました。
さすがです!!

口頭発表中の土田さん

口頭発表中の土田さん

昼からデモ発表。
私はUWW以外では初めての対外発表でとても緊張しました。
デモ発表自体もB4コンテスト以来でした。
デモブースがメインのデモ会場から少し離れたところだったので人が来られるのか心配していましたが、
絶え間なくきていただき、2時間しゃべりっぱなしでした。
たくさんのご意見をいただき、実際に私のデバイスを触ってもらいました。
ありがとうございます。

デモ発表中の私

デモ発表中の私

私の真横でデモ発表だった土田さん

私の真横でデモ発表だった土田さん

夕方には招待講演もあり、海外から来られた先生のお話を聞かせていただきました。

そして3日目
私の口頭発表。
朝起きてからもうすでに緊張がやばかったです。
しかし、無事発表ができてよかったです。
初めて多くの他大学の方々に私の研究を聞いていただき、たくさんの意見をいただきました。
これをもとにさらに研究が捗りそうな気がします!!

口頭発表中の私

口頭発表中の私

口頭発表中にデモでメガネを光らせる私

口頭発表中にデモでメガネを光らせる私

また、ECでは毎年オーガナイズドゲームという多人数参加型のゲームを行なっています。
今年は参加者がそれぞれ研究室を運営して、時間によって研究室資金を集めて行き、キャラクターを育てて行くいわゆる放置ゲーでした。
非常に中毒性が高く、先生方と一緒に夢中でゲームを楽しみました!!

ゲーム画面

ゲーム画面

1日目終了後もゲームに夢中の先生方と土田さん

1日目終了後もゲームに夢中の先生方と土田さん

エンターテイメント性の強い研究が中心の学会だったので面白いものがたくさん見れました。
また、私たちの界隈で有名な先生方ともたくさんお話しさせていただきました。
先生方は色んな知識をお持ちで話に食い入って聞いてしまいました。
先生方の考え方などを聞いて研究のモチベーションがまた上がりました。
次は査読ありの学会に向けて頑張りたいと思います。

全員で記念撮影

全員で記念撮影

以上EC2016の参加報告でした。

———————————————————
発表一覧
土田修平, 寺田 努, 塚本昌彦, “複数の移動ロボットを用いた身体パフォーマンスの印象評価”, pp. 131–138
三木隆裕, 寺田 努, 塚本昌彦, “ユーザと他者へ光の明滅による情報提示可能なメガネ型デバイスの設計と実装”, pp. 223–231
仙波拓, 寺田 努, 塚本昌彦, “ヒトリス: 全身のポーズでブロックをパーツ化するインタラクティブゲーム設計”, pp. 34–39


EC2015

posted by on 2015.10.05, under 学会
05:

M2の佐久間です。

9月25日~27日に北海道で行われたEC2015に、D2の土田さんと参加してきました。

研究室旅行の翌日からの学会ということで、体力的にハードではありましたが、頑張ってきました。
9月の終わりの北海道は寒いのかと思いきや、思ったほど寒くはありませんでした。

会場付近

会場付近

私は一日目の朝の口頭発表でした。
特にトラブルもなく終わることができ、良かったです。

佐久間の発表

佐久間の発表

昼には土田さんの発表も。
時間が足りないと言いながらもさすがの安定した発表だったように思えます。

14873

また、ECでは毎年オーガナイズドゲームというものもされていて、僕たちも参加させていただきました。

Organaized Game

Organized Game

1日目も2日目も午後からはデモセッション!!
クオリティの高い、楽しいデモをたくさん拝見させていただきました。
咀嚼を検知しタンクを動かすデモ、シャワーと音楽を同期させるデモなど、発想が豊かで、大掛かりなものが多く驚きました。

デモの様子1

デモの様子1

デモの様子2

デモの様子2

デモの様子3

デモの様子3

土田さんのデモ

土田さんのデモ

最終日には、北海道大学に移動。

立派なホール

立派なホール

午後からは招待講演もあり、全体を通してとても楽しませていただきました。

エンターテインメントの学会ということで、皆が様々な面白い研究をしていて、話を聞いていて非常に楽しかったです。
頂いた意見を参考にし、今後の研究に繋げていこうと思います。

以上、EC2015の参加報告でした。

会場前にて

会場前にて

———————————————————

発表一覧
土田修平, 寺田 努, 塚本昌彦, “球体型移動ロボットにおける光を用いた視覚効果の影響調査”, pp. 193–196
佐久間一平, 寺田 努, 塚本昌彦, “視覚効果を用いた主観的音量の制御システムの設計と実装”, pp. 357–364


【学会報告】 EC13 【in筑波大学】

posted by on 2009.05.25, under 学会
25:

第13回エンタテイメントコンピューティング研究会@筑波大学で研究発表してきました。
発表題目は「映像と連動したインタラクティブパフォーマンスのための演者支援システム」です。
初めての研究会発表ということで緊張しましたが、質疑にも何とか答えることができたと
思います。

写真は発表の様子です。
HMDをきつく着けすぎて頭が痛かった。


pagetop

  • tsukamoto terada lab.

    塚本・寺田研究室
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/
  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ