Publication

  Naoya Isoyama (Ph.D.)
  Kobe Univ. Assistant Professor.
    HCI
    Wearable / Ubiquitous / Entertainment Computing

学術論文誌


  1. Junji TAKAHASHI, Yusuke KOBANA, Naoya ISOYAMA, Yoshito TOBE, and Guillaume LOPEZ: YKOB: Participatory Sensing based Road Condition Monitoring using Smartphones worn by Cyclist, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol. 134, No. 4, pp. 658–666 (Apr. 2017). [J-STAGE]

  2. Naoya ISOYAMA, Masahiro KINOSHITA, Ryo IZUTA, Tsutomu TERADA, and Masahiko TSUKAMOTO: YOUPLAY: Designing Participatory Theatrical Performance using Wearable Technologies, Journal of Mobile Multimedia (JMM), Vol. 12, No. 1 & 2, pp. 52–75 (Apr. 2016). [Rinton Press]

  3. 磯山直也, 木下晶弘, 出田 怜, 寺田 努, 塚本昌彦: YOUPLAY: インタラクティブな演出を用いた観客参加型演劇, 情報処理学会論文誌, Vol. 56, No. 11, pp. 2151–2164 (Nov. 2015). [情報処理学会 電子図書館]

  4. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: ユーザの関心事へと引き込みを行なう常時映像閲覧システム, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 17, No. 1, pp. 39–52 (Feb. 2015). [Human Interface Society]

  5. Naoya ISOYAMA, Tsutomu TERADA, and Masahiko TSUKAMOTO: A System for Recognizing User Actions on an Interactive Surface using Accelerometers, The Journal of the Society for Art and Science, Vol. 13, No. 4, pp. 198–217 (Dec. 2014). [芸術科学会論文誌]

  6. Naoya ISOYAMA, Tsutomu TERADA, Junichi AKITA, and Masahiko TSUKAMOTO: A Position Detection Method of Devices on Conductive Clothes by Controlling LED Blinking, International Journal of Wavelets, Multiresolution and Information Processing (IJWMIP), Vol. 11, No. 2, pp. (1350020)1–23 (Mar. 2013). [World Scientific]



国際学会 口頭発表 (査読有)


  1. Naoya ISOYAMA, Tsutomu TERADA, and Masahiko TSUKAMOTO: Evaluating Effects of Listening to Content with Lip-sync Animation on Head Mounted Displays, The 4th Workshop on Ubiquitous Technologies for Augmenting the Human Mind (WAHM), UbiComp/ISWC Adjunct 2017, pp. 666–672 (Sep. 2017). [ACM DL]

  2. Chihiro YOSHIDA, Junji TAKAHASHI, Naoya ISOYAMA, and Guillaume LOPEZ: Sprinter Physiological State Measurement: a Wearable Heart-Rate Sensor, The 1st International Workshop on Smart Sensing Systems (IWSSS'16), MobiQuitous Adjunct, short paper (Nov. 2016). [ResearchGate]

  3. Takayuki OKAMURA, Naoya ISOYAMA, and Guillaume LOPEZ: The Estimated Method of Falling Asleep and Awakening Time Exactly Using Wearable Device, The 1st International Workshop on Smart Sensing Systems (IWSSS'16), MobiQuitous Adjunct, pp. 47–52 (Nov. 2016). [ACM DL]

  4. Guillaume LOPEZ, Takahiro TOKUDA, Naoya ISOYAMA, Hiroshi HOSAKA, and Kiyoshi ITAO: Development of a Wrist-Band Type Device for Low-Energy Consumption and Personalized Thermal Comfort, The 17th International Conference on Research and Education in Mechatronics (Mecatronics REM), pp. 209–212 (June 2016). [IEEE Xplore]

  5. Naoya ISOYAMA, Masahiro KINOSHITA, Ryo IZUTA, Tsutomu TERADA, and Masahiko TSUKAMOTO: YOUPLAY: Designing Participatory Theatrical Performance using Wearable Sensors, The 13th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2015), pp. 93–99 (Dec. 2015). [ACM DL]

  6. Naoya ISOYAMA, Tsutomu TERADA, and Masahiko TSUKAMOTO: Multi-tiles: a System for Information Presentation using Divided Rotatable Screens, The 13th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2015), pp. 14–18 (Dec. 2015). [ACM DL]

  7. Naoya ISOYAMA, Tsutomu TERADA, and Masahiko TSUKAMOTO: An Evaluation on Behaviors in Taking Photos by Changing Icon Images on Head Mounted Display, New frontiers of Quantified Self Workshop, UbiComp/ISWC Adjunct 2015, pp. 985–990 (Sep. 2015). [ACM DL]

  8. Naoya ISOYAMA, Tsutomu TERADA, and Masahiko TSUKAMOTO: Primer Streamer: a System to Attract Users to Interests via Images on HMD, The 11th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2013), pp. 93–99 (Dec. 2013). [ACM DL]

  9. Naoya ISOYAMA, Tsutomu TERADA, and Masahiko TSUKAMOTO: An Interactive Surface that Recognizes User Actions using Accelerometers, NICOGRAPH International 2013, pp. 72–80 (June 2013).

  10. Naoya ISOYAMA, Tsutomu TERADA, Junichi AKITA, and Masahiko TSUKAMOTO: A Method to Control LED Blinking for Position Detection of Devices on Conductive Clothes, The 9th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2011), pp. 123–130 (Dec. 2011). [ACM DL]



国際学会 デモ・ポスター発表


  1. Takahiro KOJIMA, Atsunobu KAMINUMA, Naoya ISOYAMA, and Guillaume LOPEZ: Evaluation of Natural Language Understanding Based Speech Dialog Interface's Effectiveness Regarding Car Navigation System Usability Performance, The Journal of the Acoustical Society of America, Vol. 140, Issue. 4, p. 2966 (Nov. 2016). [ASA]

  2. Guillaume LOPEZ, Takahiro TOKUDA, Naoya ISOYAMA, Hiroshi HOSAKA, and Kiyoshi ITAO: Development of a Low-Energy Consumption Wearable Wrist Warming Device -Temperature Control Method for Sustainable Thermal Sensation-, The 16th International Conference on Precision Engineering (ICPE 2016), No. B302-8134 (Nov. 2016).

  3. Junji TAKAHASHI, Daichi SHIOIRI, Yuki SHIDA, Yusuke KOBANA, Ryuji SUZUKI, Yuto KOBAYASHI, Naoya ISOYAMA, Guillaume LOPEZ, and Yoshito TOBE: Clusterring for Road Damage Locations Obtained by Smartphone Accelerometers, The 2nd International Conference on IoT in Urban Space (Urb-IoT 2016), pp. 89–91 (May 2016). [ACM DL]

  4. Naoya ISOYAMA, Tsutomu TERADA, and Masahiko TSUKAMOTO: An Interactive System for Recognizing User Actions on a Surface using Accelerometers, The 5th Augmented Human Conference (AH 2014), No. a57, pp. 1–2 (Mar. 2014). [ACM DL]



国内学会 口頭発表 (査読有)


  1. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: Primer Streamer: ユーザの関心事へと引き込みを行なう常時映像閲覧システム, インタラクション2013論文集, pp. 17–24 (Feb. 2013). [interaction-ipsj]

  2. 磯山直也, 寺田 努, 秋田純一, 塚本昌彦: 導電性素材上に配置されたデバイスのためのカメラを用いた位置検出手法, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2010) 論文集, Vol. 2010, pp. 1983–1991 (July 2010).



国内学会 口頭発表 (査読無)


  1. 磯山直也: 演技・踊りを自然に遊ばせるシステムの検討, 情報処理学会研究報告(エンタテインメントコンピューティング研究会 2017-EC-45), Vol. 2017-EC-45, No. 1, pp. 1–4 (Aug. 2017).

  2. 三井秀人, 中野和哉, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 咀嚼回数向上支援システム, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2017) 論文集, pp. 1733–1737 (June 2017) (ヤングリサーチャ賞,優秀論文賞 (受賞者: 三井秀人)) .

  3. 越智喬之, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: ウェアラブルセンサを用いた探し物支援システムの提案, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2017) 論文集, pp. 1362–1366 (June 2017).

  4. 内田 昂, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 脈波及び体動情報を用いた集中状態推定精度の検証, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2017) 論文集, pp. 876–879 (June 2017).

  5. 青木琢也, 駒澤真人, 板生研一, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 年齢が自律神経系の活動を用いたストレス判定結果に与える影響に関する検証, 第25回人間情報学会 オーラルセッション講演集, pp. 19–20 (Dec. 2016).

  6. 畠 雅和, 川原靖弘, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 生体情報を用いた満腹時点の検出, 第25回人間情報学会 オーラルセッション講演集, pp. 5–6 (Dec. 2016).

  7. 大島 愛, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 手首を温める位置の体の温熱快適感への効果検証, 電子情報通信学会 HCGシンポジウム2016, pp. 202–205 (Dec. 2016) (学生優秀インタラクティブ発表賞 (受賞者: 大島 愛)) .

  8. 磯山直也, 寺田 努, ロペズ ギヨーム: アプリアイコン画像が写真撮影行動に与える影響についてのスマートフォンと装着型ディスプレイの比較調査, 情報処理学会研究報告(ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 2016-HCI-170), Vol. 2016-HCI-170, No. 2, pp. 1–8 (Oct. 2016).

  9. 小島岳広, 神沼充伸, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 自然言語理解を用いた音声対話カーナビの有効性分析, 自動車技術会 2016年秋季大会, pp. 1083–1088 (Oct. 2016).

  10. 磯山直也, 寺田 努, ロペズ ギヨーム: HMD上のリップシンクアニメーションが会話の聞き取りに与える影響の調査, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2016) 論文集, pp. 1769–1775 (July 2016).

  11. 磯山直也, 神崎達実, ロペズ ギヨーム: 複数人に対する同時個別情報提示を可能にする手法の提案, 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2016) 論文集, pp. 1616–1620 (July 2016).

  12. 小島岳広, 神沼充伸, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 個人の心理特性に合わせた音声対話式カーナビゲーションシステムの検討, 第23回人間情報学会 発表予稿集, pp. 8–9 (Apr. 2016).

  13. 高橋友博, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 閃き時の脳波の特徴抽出の検討, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 4-579–580 (Mar. 2016).

  14. 佐原洋輔, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 9DOFのマルチモーダルセンシングによる集中状態推定の検討, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 4-327–328 (Mar. 2016).

  15. 小出力丸, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 筋力トレーニング時における筋力状態の分析と評価, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 4-323–324 (Mar. 2016).

  16. 神崎達実, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 複数人に対する同時個別提示を可能にする動作同期を用いた情報提示手法, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 4-317–318 (Mar. 2016) (学生奨励賞 (受賞者: 神崎達実)).

  17. 大塚衣里菜, 志田優貴, 川原靖弘, 鈴木淳一, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 快適空間と生体情報はどう関係するのか, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 4-275–276 (Mar. 2016).

  18. 萬 絵, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: ボールジャグリング動作上達のための特徴抽出の検討, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 4-259–260 (Mar. 2016) (学生奨励賞 (受賞者: 萬 絵)).

  19. 門倉章浩, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: コンタクトマイクを用いた手指動作認識手法の提案, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 4-243–244 (Mar. 2016).

  20. 鳥羽瀬寛子, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 情動の可視化が自身と周囲へ与える影響 〜主観と生理指標による検証〜, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 4-197–198 (Mar. 2016) (学生奨励賞 (受賞者: 鳥羽瀬寛子)).

  21. 宮原拓磨, 神沼充伸, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 車両信号を用いた運転者の個人特性の推定, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 3-147–148 (Mar. 2016).

  22. 志田優貴, 川原靖弘, 井口雄太, 磯山直也, ロペズ ギヨーム, 船橋俊一, 鈴木淳一: 屋外快適空間提案のための人間情報評価に関する研究, 電子情報通信学会 HCGシンポジウム2015, pp. 435–438 (Dec. 2015).

  23. 子安幸一, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 幼児における絵本読書のICTによる拡張-付け加え型デバイスのシステム構成と試作-, 電子情報通信学会 HCGシンポジウム2015, pp. 309–312 (Dec. 2015) (学生優秀インタラクティブ発表賞 (受賞者: 子安幸一)).

  24. 磯山直也, 寺田 努: 楽しむ「きっかけ」作りを目的としたエンタテインメント現場へのICT導入の検討, 情報処理学会研究報告(エンタテインメントコンピューティング研究会 2015-EC-37), Vol. 2015-EC-37, No. 2, pp. 1–4 (Aug. 2015).

  25. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: ライブ会場での腕振り動作を促進するLEDライトシステムの提案, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2014 論文集, p. 24 (Dec. 2014).

  26. 磯山直也, ウォーリー木下, 出田 怜, 寺田 努, 塚本昌彦: 観客参加型演劇YOUPLAYにおけるインタラクション設計, エンタテインメントコンピューティング2014 (EC2014), pp. 168–179 (Sep. 2014).

  27. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 靴底と床面の通電を用いた位置検出システムの提案, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2013 論文集, p. 14 (Dec. 2013).

  28. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 平面をインタラクティブにする加速度センサを用いたユーザアクション認識手法, 情報処理学会研究報告(ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 2013-HCI-153), Vol. 2013-HCI-153, No. 6, pp. 1–8 (May 2013).

  29. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 加速度センサを用いてタッチ位置を検出可能なインタラクティブスクリーンの提案, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2012 論文集, p. 24 (Dec. 2012).

  30. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 常時情報閲覧環境の空き時間を利用したユーザの関心事へと引き込みを行なうシステムの設計と実装, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2012 論文集, p. 4 (Dec. 2012).

  31. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: ユーザの関心への気付きを与える常時映像閲覧システム, 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2012-UBI-35), Vol. 2012-UBI-35, No. 7, pp. 1–6 (July 2012).

  32. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 部分回転が可能なスクリーンMulti-tilesの設計と実装, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2011 論文集, p. 13 (Dec. 2011).

  33. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: アプリケーション機能自動割当てのための導電性衣服分割手法, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2009 論文集, p. 8 (Nov. 2009).



国内学会 デモ・ポスター発表


  1. 森島哲也, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: デジタル鬼ごっこ: 走力差を軽減させるスポーツの提案, 日本ソフトウェア科学会 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2016) 論文集, pp. 247–248 (Dec. 2016).

  2. 徳田貴拓, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: Pico-Band: リストバンド型省エネ個別暖房デバイスの開発 -温熱感を持続させる温度制御法の提案-, 2016年 電子情報通信学会総合大会 シンポジウム (Mar. 2016).

  3. 猿田 萌, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 楽曲嗜好は生体情報に影響するのか, 第22回人間情報学会 ポスター発表集, pp. 12–13 (Dec. 2015).

  4. 徳田貴拓, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: リストバンド型省エネ個別暖房デバイスの開発, 第22回人間情報学会 ポスター発表集, pp. 7–8 (Dec. 2015).

  5. 岡村昂幸, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 心拍変動と加速度を用いた正確な入眠・覚醒時間の推定について, 第22回人間情報学会 ポスター発表集, pp. 1–2 (Dec. 2015).

  6. 岡村昂幸, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 心拍変動を用いた入眠・覚醒の正確な推定の可能性について, 第5回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム, pp. 22–23 (Nov. 2015).

  7. 磯山直也, 木下晶弘, 出田 怜, 寺田 努, 塚本昌彦: 観客参加型YOUPLAYでのインタラクティブシステム運用, インタラクション2015論文集, pp. 964–968 (Mar. 2015).

  8. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: Multi-tiles: 部分回転可能なスクリーンを用いた情報提示システム, エンタテインメントコンピューティング2012 (EC2012), pp. 170–178 (Sep. 2012).

  9. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: Multi-tiles: 部分回転が可能なプロジェクタスクリーン, 日本ソフトウェア科学会 第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2011) 論文集, pp. 202–203 (Dec. 2011).

  10. 磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 導電性衣服上に配置されたデバイスの位置取得システムの設計と実装, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2010 論文集, p. 26 (Dec. 2010).



受賞


  1. エンタテインメントコンピューティング2014 (EC2014), 論文賞 (Sep. 2014).

  2. 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2010), 優秀プレゼンテーション賞 (July 2010).



解説記事等


  1. ウェアラブル・ユビキタスコンピューティング環境のための高度情報提示に関する研究, 研究会推薦博士論文速報, 情報処理, Vol.56, No. 9, p. 914 (Aug. 2015).

  2. EC2014参加報告, 日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol. 19, No. 4, pp. 39–40 (Dec. 2014).

  3. 第25回EC研究会参加報告, EC研究会 ニュースレター, Vol. 6, pp. 2–3 (Sep. 2013).



講演等


  1. エンタテイメントのIT化の現状とその未来, スマートテキスタイル連携研究推進委員会セミナー スマートテキスタイルの実用化に向けて, 東京 (Jan. 2016).

  2. 情報提示が心身に与える影響, NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構 HMDミーティング, 神奈川 (Oct. 2015).



資金獲得状況


  1. 磯山直也(代表者): 公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団 平成27年度助成研究(B).



卒業論文

導電性衣服上に配置した入出力デバイスのためのアプリケーション機能割当手法


修士論文

部分回転可能なスクリーンを用いた情報提示システムの設計と実装


博士論文

ウェアラブル・ユビキタスコンピューティング環境のための高度情報提示に関する研究




学会活動等


[学会会員]

ACM

情報処理学会(EC研究会会員)

日本バーチャルリアリティ学会

芸術科学会


[学会・研究会委員]

情報処理学会EC研究会 運営委員 (2016年4月~)

芸術科学会 NICOGRAPH委員 (2015年11月~)


[国際会議等委員]

5th EAI International Symposium on Pervasive Computing Paradigms for Mental Health - MindCare2015 (Technical Program Committee)

9th EAI International Conference on Mobile Computing, Applications and Services - MobiCASE2018 (Web Chair)


[国内ワークショップ等委員]

情報処理学会シンポジウムインタラクション2018 プログラム委員

情報処理学会シンポジウムインタラクション2017 プログラム委員

情報処理学会シンポジウムEC2017 実行委員

情報処理学会シンポジウムEC2016 実行委員

第3回 超人スポーツ学術研究会 会計委員

ユビキタスウェアラブルワークショップ2017 運営委員(実行副委員長)

ユビキタスウェアラブルワークショップ2015 運営委員(会計担当)

ユビキタスウェアラブルワークショップ2014 運営委員(会計担当)

ユビキタスウェアラブルワークショップ2013 運営委員(ナイトセッション担当)

ユビキタスウェアラブルワークショップ2012 運営委員(広報担当)




その他,展示や技術協力など


  1. WIRED ×イノラボ×TechShop “イノヴェイション・サマースクール“ (08/22–24, 2016).

  2. iSiD “A tree tweets, A tree reacts.”, @ARS ELECTRONICA FESTIVAL 2015 (09/03–07, 2015).

  3. WRECKING CREW ORCHESTRA “DOOODLIN'” (04/03–12, 2015).

  4. 東京パフォーマンスドール ZEPP TOUR 2014秋 ~DANCE SUMMIT “1×0” ver2.0~ (11/01–26, 2014).

  5. タッチ&ウェア デジタル体感祭り (05/02, 2014).

  6. 三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2014 “BLUE IMPACT” (2014).

  7. 第64回NHK紅白歌合戦 / EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~ (12/31, 2013).

  8. YOUPLAY Vol. 1 (11/16–24, 2013).

  9. いしかわ夢未来博2013 (11/09–10, 2013).

  10. EXILE LIVE TOUR 2013 “EXILE PRIDE” (2013).

  11. 東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』 episode 2 (08/22–25, 2013).

  12. 東京パフォーマンスドール PLAY×LIVE『1×0』 episode 1 (08/15–18, 2013).

  13. オリジナルテンポ Shut up, Play!!~喋るな、遊べ!!~2013ver. (06/21–22, 2013).

  14. YOUPLAY Vol. 0 (03/20–24, 2013).

  15. 第33回「KOBE工学サミット」 (03/04, 2013).

  16. Maker Faire Tokyo 2012 (12/01–02, 2012).

  17. Designer Show House (10/13–11/04, 2012).

  18. 34°-41.38`n 135°-30.7`e (08/10–09/02, 2012).

  19. ESMOD JAPON × Microsoft-Kinect テクノロジーファッションショー (10/08, 2011).