Reserch

  Naoya Isoyama (Ph.D.)
  Kobe Univ. Assistant Professor.
    HCI
    Wearable / Ubiquitous / Entertainment Computing


Wearable

HMD上のアイコンが写真撮影行動へ与える影響の調査

HMD上の画像をユーザは常に閲覧することになる。
画面上の小さなアイコン画像がユーザの行動にどのような影響を与えるかを調査する。
写真撮影行動への影響を調べたところ、アイコン画像に関連した写真を多く撮ることを確認した。


    YOUPLAY

磯山直也, 寺田 努, ロペズ ギヨーム: アプリアイコン画像が写真撮影行動に与える影響についてのスマートフォンと装着型ディスプレイの比較調査, HCI研究会, Vol. 2016-HCI-170, No. 2, pp. 1–8 (Oct. 2016).

N. Isoyama, T. Terada, and M. Tsukamoto: An Evaluation on Behaviors in Taking Photos by Changing Icon Images on Head Mounted Display, New frontiers of Quantified Self Workshop, UbiComp/ISWC Adjunct 2015, pp. 985–990 (Sep. 2015). [ACM DL]




HMD上のリップシンクアニメーションが与える影響の調査

視覚情報は聴覚知覚に影響を与える。
音声とリップシンクしたアニメーションをHMD上に提示することによる聞き取りの影響について調査する。
騒音環境下でも特定の音声が聞き取りやすくなることを狙う。


    YOUPLAY

N. Isoyama, T. Terada, and M. Tsukamoto: Evaluating Effects of Listening to Content with Lip-sync Animation on Head Mounted Displays, WAHM, UbiComp/ISWC Adjunct 2017, pp. 666–672 (Sep. 2017). [ACM DL]

磯山直也, 寺田 努, ロペズ ギヨーム: HMD上のリップシンクアニメーションが会話の聞き取りに与える影響の調査, DICOMO2016, pp. 1769–1775 (July 2016).




Primer Streamer

HMDの日常的な使い方の提案
HMD上での情報提示には空き時間が生じるため、その時間に無価値な情報を提示できる。
その提示情報によりプライミング効果を引き起こし、ユーザの関心事へと気付きを与える。


          Primer Streamer

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: ユーザの関心事へと引き込みを行なう常時映像閲覧システム, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 17, No. 1, pp. 39–52 (Feb. 2015). [Human Interface Society]

N. Isoyama, T. Terada, and M. Tsukamoto: Primer Streamer: a System to Attract Users to Interests via Images on HMD, MoMM2013, pp. 93–99 (Dec. 2013). [ACM DL]

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: Primer Streamer: ユーザの関心事へと引き込みを行なう常時映像閲覧システム, インタラクション2013, pp. 17–24 (Feb. 2013). [interaction-ipsj]

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 常時情報閲覧環境の空き時間を利用したユーザの関心事へと引き込みを行なうシステムの設計と実装, UWW2012, p. 4 (Dec. 2012).

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: ユーザの関心への気付きを与える常時映像閲覧システム, UBI研究会, Vol. 2012-UBI-35, No. 7, pp. 1–6 (July 2012).




2-Phases Lighting Method

導電性衣服上のデバイス位置検出のためのLED点灯アルゴリズム
2段階に分けた点灯により、ウェアラブル環境でも高速にデバイス位置を検出する。
この研究では、導電性衣服としてTextileNetを使用する。


       

N. Isoyama, T. Terada, J. Akita, and M. Tsukamoto: A Position Detection Method of Devices on Conductive Clothes by Controlling LED Blinking, IJWMIP, Vol. 11, No. 2, pp. (1350020)1–23 (Mar. 2013). [World Scientific]

N. Isoyama, T. Terada, J. Akita, and M. Tsukamoto: A Method to Control LED Blinking for Position Detection of Devices on Conductive Clothes, MoMM2011, pp. 123–130 (Dec. 2011). [ACM DL]

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 導電性衣服上に配置されたデバイスの位置取得システムの設計と実装, UWW2010, p. 26 (Dec. 2010).

磯山直也, 寺田 努, 秋田純一, 塚本昌彦: 導電性素材上に配置されたデバイスのためのカメラを用いた位置検出手法, DICOMO2010, Vol. 2010, pp. 1983–1991 (July 2010).

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: アプリケーション機能自動割当てのための導電性衣服分割手法, UWW2009, p. 8 (Nov. 2009).





Ubiquitous

閲覧者の動作に同期して動くコンテンツ表示を行なうサイネージシステム

デジタルサイネージ上の閲覧者が見たいコンテンツを見つけやすくする手法の提案
「人の動作」と「提示コンテンツの動き」の時間同期を用いる。
閲覧者が特定の動作をしたタイミングで、対象のコンテンツが揺れることで自身への提示であると認識させる。


          YOUPLAY

磯山直也, 神崎達実, ロペズ ギヨーム: 複数人に対する同時個別情報提示を可能にする手法の提案, DICOMO2016, pp. 1616–1620 (July 2016).

神崎達実, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: 複数人に対する同時個別提示を可能にする動作同期を用いた情報提示手法, 情報処理学会 第78回全国大会, pp. 4-317–318 (Mar. 2016).




Position Detection Shoes

靴底と床面の通電を用いた位置検出システム
ユーザと環境のどちらに対しても低負荷でユーザの位置を検出可能にする。
電極を装着した靴で、様々な導電性素材を踏みつけた際の電圧値の違いにより位置を検出する。


    Primer Streamer

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 靴底と床面の通電を用いた位置検出システムの提案, UWW2013, p. 14 (Dec. 2013).




Multi-tiles

部分回転が可能なプロジェクタスクリーン
スクリーン自体の向きを変え、見る・見ない / 見せる・見せない、を選択できる。
プレゼン、パブリックディスプレイ、エンターテイメント等での利用を考える。


          


N. Isoyama, T. Terada, and M. Tsukamoto: Multi-tiles: a System for Information Presentation using Divided Rotatable Screens, MoMM 2015, pp. 14–18 (Dec. 2015). [ACM DL]

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: Multi-tiles: 部分回転可能なスクリーンを用いた情報提示システム, EC2012, pp. 170–178 (Sep. 2012).

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 部分回転が可能なスクリーンMulti-tilesの設計と実装, UWW2011, p. 13 (Dec. 2011).

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: Multi-tiles: 部分回転が可能なプロジェクタスクリーン, WISS2011, pp. 202–203 (Dec. 2011).





Entertainment

デジタル鬼ごっこ

運動を続けるには複数人で行なうことが継続しやすい。
複数人で行なう際には能力差がありモチベーション維持しにくいため、走力差を継続できる鬼ごっこを提案する。
その場走りにより可能にすることで、場所を問わずプレイできる。


          YOUPLAY

森島哲也, 磯山直也, ロペズ ギヨーム: デジタル鬼ごっこ: 走力差を軽減させるスポーツの提案, WISS2016, pp. 247–248 (Dec. 2016).




LED Wrist Band

インタラクティブに点灯が変化するLEDライトシステム
動けば動くほど明るく光り、動かないと暗くなっていく。
拍手に合わせて点灯する。


   

磯山直也, 寺田 努: 楽しむ「きっかけ」作りを目的としたエンタテインメント現場へのICT導入の検討, EC研究会, Vol. 2015-EC-37, No. 2, pp. 1–4 (Aug. 2015).

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: ライブ会場での腕振り動作を促進するLEDライトシステムの提案, UWW2014, p. 24 (Dec. 2014).




YOUPLAY

観客参加型演劇。
通常演劇などでは観る側の観客が,そのイベントの演者として参加し与えられた役を演じ,その場で演じられた動きに即してインタラクティブな演出を行なう。
この舞台を通じて演じる楽しさを味わってもらう。


          YOUPLAY

N. Isoyama, M. Kinoshita, R. Izuta, T. Terada, and M. Tsukamoto: YOUPLAY: Designing Participatory Theatrical Performance using Wearable Technologies, JMM, Vol. 12, No. 1 & 2, pp. 52–75 (Apr. 2016). [Rinton Press]

N. Isoyama, M. Kinoshita, R. Izuta, T. Terada, and M. Tsukamoto: YOUPLAY: Designing Participatory Theatrical Performance using Wearable Sensors, MoMM 2015, pp. 93–99 (Dec. 2015). [ACM DL]

磯山直也, 木下晶弘, 出田 怜, 寺田 努, 塚本昌彦: YOUPLAY: インタラクティブな演出を用いた観客参加型演劇, 情報処理学会論文誌, Vol. 56, No. 11, pp. 2151–2164. [情報処理学会 電子図書館]

磯山直也, 木下晶弘, 出田 怜, 寺田 努, 塚本昌彦: 観客参加型YOUPLAYでのインタラクティブシステム運用, インタラクション2015, pp. 964–968 (Mar. 2015).

磯山直也, ウォーリー木下, 出田 怜, 寺田 努, 塚本昌彦: 観客参加型演劇YOUPLAYにおけるインタラクション設計, EC2014, pp. 168–179 (Sep. 2014).




Interactive Surface

ユーザアクション、その強さ、位置を検出するシステム
加速度センサのみで認識でき、フレキシブルに設置できる。
これまでに2度の長期的な実運用を行なっている。


          Interactive Surface

N. Isoyama, T. Terada, and M. Tsukamoto: A System for Recognizing User Actions on an Interactive Surface using Accelerometers, 芸術科学会論文誌, Vol. 13, No. 4, pp. 198–217 (Dec. 2014). [芸術科学会論文誌]

N. Isoyama, T. Terada, and M. Tsukamoto: An Interactive System for Recognizing User Actions on a Surface using Accelerometers, AH 2014, No. a57, pp. 1–2 (Mar. 2014). [ACM DL]

N. Isoyama, T. Terada, and M. Tsukamoto: An Interactive Surface that Recognizes User Actions using Accelerometers, NICOGRAPH International 2013, pp. 72–80 (June 2013).

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 平面をインタラクティブにする加速度センサを用いたユーザアクション認識手法, HCI研究会, Vol. 2013-HCI-153, No. 6, pp. 1–8 (May 2013).

磯山直也, 寺田 努, 塚本昌彦: 加速度センサを用いてタッチ位置を検出可能なインタラクティブスクリーンの提案, UWW2012, p. 24 (Dec. 2012).