Publications

著書/Book

  1. K. Murao, T. Terada, and S. Nishio: Toward Construction of Wearable Sensing Environments, Book Chapter, (Eds. T. Hara, V.I. Zadorozhny,and E. Buchmann), Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (Book Series: Studies in Computational Intelligence), Springer-Verlag, pp. 207-230 (2010).

学術論文誌発表論文/Journal paper

  1. 村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎: ウェアラブルコンピューティングのためのセンサ管理デバイスの設計と実装, 情報処理学会論文誌, Vol. 49, No. 9, pp. 3327-3339 (Sept. 2008).
  2. 村尾和哉, 寺田 努, 竹川佳成, 西尾章治郎: ウェアラブルコンピューティングのための消費電力を考慮したコンテキストアウェアシステムの構築, 情報処理学会論文誌, Vol. 50, No. 5, pp. 1456-1466 (May 2009).
  3. 片山拓也, 村尾和哉, 田中宏平, 寺田 努, 西尾章治郎: 装着型センサを用いた経路推薦機構を持つナビゲーションシステムの構築, 情報処理学会論文誌, Vol. 50, No. 9, pp. 2350-2359 (Sept. 2009).
  4. 村尾和哉, クリストフ ファン ラールホーフェン, 寺田 努, 西尾章治郎: センサのピーク値を用いた状況認識手法, 情報処理学会論文誌, Vol. 51, No. 3, pp. 1068-1077 (Mar. 2010).
  5. 村尾和哉, 寺田 努, 西尾章治郎: 加速度データの定常性判定による運動中のジェスチャ認識手法, 情報処理学会論文誌, Vol. 52, No. 6, pp. 1968-1979 (June 2011).
  6. 中島悠貴, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: サンプリング制御とデータ補完による行動認識システムの省電力化手法, 情報処理学会論文誌, Vol. 52, No. 8, pp. 2455-2466 (Aug. 2011).
  7. 片山拓也, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦: キーボードの打鍵情報を活用した図形型コマンド入力方式, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 14, No. 2, pp. 167-176 (May 2012).
  8. 片山拓也, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦: 片手用キーボードによる打鍵間隔を活用した文字入力手法, 情報処理学会論文誌, Vol. 54, No. 4, pp. 1667-1676 (Apr. 2013).
  9. K. Murao, T. Terada, A. Yano, and R. Matsukura: Evaluating Sensor Placement and Gesture Selection for Mobile Devices, Journal of Human Interface Society, Vol. 15, No. 3, pp. 281-292 (Aug. 2013).
  10. 村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田 努, 塚本昌彦: 行動の順序制約を用いた加速度データのラベリング手法, 情報処理学会論文誌, Vol. 55, No. 1, pp. 519-530 (Jan. 2014).(情報処理学会ジャーナル特選論文選定)

国際会議等発表論文/International conference paper

  1. K. Murao, Y. Takegawa, T. Terada, and S. Nishio: Design and Implementation of a Sensor Management Device for Wearable Computing, in Proc. of IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2006), Student Colloquium, pp.17-19, Montreux, Switzerland (Oct. 2006).
  2. K. Murao, Y. Takegawa, T. Terada, and S. Nishio: CLAD: a Sensor Management Device for Wearable Computing, in Proc. of IEEE International Workshop on Smart Appliances and Wearable Computing (IWSAWC 2007), CD-ROM, Tronto, Canada (June 2007).
  3. K. Murao, T. Terada, Y. Takegawa, and S. Nishio: A Context-Aware System that Changes Sensor Combinations Considering Energy Consumption, in Proc. of International Conference on Pervasive Computing (Pervasive 2008), LNCS5013, pp. 197-212, Sydney, Australia (May 2008). (Acceptance rate = 18/114 = 15.8%)
  4. T. Katayama, M. Nakamiya, M. Yamashita, K. Murao, K. Tanaka, T. Terada and S. Nishio: Development of a Navigation System with a Route Planning Algorithm Using Body-Worn Sensors, in Proc. of International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM2008), pp. 88-93, Linz, Austria (Nov. 2008).
  5. K. Murao, K. V. Laerhoven, T. Terada, and S. Nishio: A Method for Context Awareness using Peak Values of Sensors, in Proc. of International Symposium on Ubisuitous Computing Systems (UCS 2009), pp. 43-50, Beijin, China (Aug. 2009).
  6. K. Tanaka, S. Tanaka, K. Kinoshita, Y. Minami, K. Murao, T. Terada, M. Tsukamoto, and S. Nishio: An IT-enabled Donation Boxes to Promote Donation, in Proc. of International Conference on Advances in Computer Entertainment Technology (ACE 2009), pp. 400-403, Athens, Greece (Oct. 2009).
  7. K. Murao and T. Terada: A Motion Recognition Method by Constancy-Decision, in Proc. of IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2010), pp. 69-72, Seoul, Korea (Oct. 2010).
  8. Y. Nakajima, K. Murao, T. Terada, and M. Tsukamoto: A Method for Energy Saving on Context-aware System by Sampling Control and Data Complement, in Proc. of IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2010), pp. 129-132, Seoul, Korea (Oct. 2010).
  9. N. Kawaguchi, N. Ogawa, Y. Iwasaki, K. Kaji, T. Terada, K. Murao, S. Inoue, Y. Kawahara, Y. Sumi, and N. Nishio: HASC Challenge: Gathering Large Scale Human Activity Corpus for the Real-World Activity Understandings, in Proc. of Augmented Human International Conference (AH 2011), pp. 27:1-5, Tokyo, Japan (Mar. 2011).
  10. K. Murao, T. Terada, A. Yano, and R. Matsukura: Evaluating Gesture Recognition by Multiple-Sensor-Containing Mobile Devices, in Proceedings of IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2011), pp. 55-58, San Francisco, USA (June 2011).
  11. K. Murao and T. Terada: Evaluating Effect of Concreteness in Instructions for Gesture Recognition, in Proceedings of IEEE International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2011), poster, pp. 121-122, San Francisco, USA (June 2011).
  12. N. Kawaguchi, Y. Yang, T. Yang, Y. Iwasaki, K. Kaji, T. Terada, K. Murao, S. Inoue, Y. Kawahara, Y. Sumi, N. Nishio: HASC2011corpus: Towards the Common Ground of Human Activity Recognition, in Proceedings of ACM International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp 2011), poster, pp. 571-572, Beijing, China (Sep. 2011).
  13. N. Kawaguchi, H. Watanabe, T. Yang, N. Ogawa, Y. Iwasaki, K. Kaji, T. Terada, K. Murao, H. Hada, S. Inoue, Y. Sumi, Y. Kawahara, N. Nishio: HASC2012corpus: Large Scale Human Activity Corpus and Its Application, in Proceedings of the Second International Workshop of Mobile Sensing: From Smartphones and Wearables to Big Data(Held with IPSN2012 and CPSWeek 2012), pp. 10-14 (Apr. 2012).
  14. K. Murao, T. Terada, A. Yano, and R. Matsukura: Detecting Room-to-Room Movement by Passive Infrared Sensors in Home Environments, in Proc. of the 1st Workshop on recent advances in behavior prediction and pro-active pervasive computing, No. 4, pp. 1-12, Newcastle, UK (June 2012).
  15. T. Katayama, K. Murao, T. Terada, and M. Tsukamoto: A Text Input Method for Half-Sized Keyboard using Keying Interval, in Proc. of 11th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM2012), No. 6, pp. 1-8, Ulm, Germany (Dec. 2012).
  16. K. Murao, T. Terada, A. Yano, and R. Matsukura: Evaluation Study on Sensor Placement and Gesture Selection for Mobile Devices, in Proc. of 11th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM2012), No. 7, pp. 1-8, Ulm, Germany (Dec. 2012).
  17. G. Yoshida, K. Murao, T. Terada, and M. Tsukamoto: Method of Determining Training Data for Gesture Recognition considering Decay of Gesture Movements, in Proceedings of the 10th IEEE Workshop on Context Modeling and Reasoning 2013 (CoMoRea 2013), pp. 13-18, San Diego, USA (Mar. 2013).
  18. Kazuya Murao, Tsutomu Terada: Labeling Method for Acceleration Data using an Execution Sequence of Activities, in Proceedngs of the First workshop for Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA2013), pp. 611-622, Zurich, Switzerland (Sep. 2013).
  19. Kazuya Murao, Haruka Mogari, Tsutomu Terada, Masahiko Tsukamoto: Evaluation Function of Sensor Position for Activity Recognition considering Wearability, in Proceedngs of the First workshop for Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA2013), pp. 623-632, Zurich, Switzerland (Sep. 2013).
  20. Kazuya Murao and Tsutomu Terada: Evaluating effect of types of instructions for gesture recognition with an accelerometer, in Proceedings of the 5th Augmented Human International Conference (AH'14), pp. 6:1--6:4, Kobe, Japan (Mar. 2014).
  21. Ryo Izuta, Kazuya Murao, Tsutomu Terada, and Masahiko Tsukamoto: Early gesture recognition method with an accelerometer, in Proceedings of the 5th Augmented Human International Conference (AH'14), demo, pp. 54:1--54:2, Kobe, Japan (Mar. 2014).
  22. Kazuya Murao, Tsutomu Terada: A Recognition Method for Combined Activities with Accelerometers, in Proceedings of the Second workshop for Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA2014), pp. ***-***, Seattle, US (Sep. 2014, to appear).
  23. Takashi Sakaguchi, Masahiro Mochizuki,Kazuya Murao, Nobuhiko Nishio: Adapting Wi-Fi Samples to Environmental Changes Automatically, in Proceedings of the Second workshop for Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA2014), pp. ***-***, Seattle, US (Sep. 2014, to appear).

研究会等発表論文(査読付)/Domestic conference paper peer reviewed

  1. 村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎: ウェアラブルコンピューティングのためのセンサ管理デバイスの設計と実装, 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2006)論文集,pp. 885-889, 香川 (July 2006).
  2. 村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎: ウェアラブルシステムのための装着型センサの故障を考慮したセンシングデータ補完手法, 電子情報通信学会データ工学ワークショップ(DEWS 2007), 広島 (Feb./Mar. 2007).
  3. 片山拓也, 中宮正樹, 山下雅史, 村尾和哉, 田中宏平, 寺田 努, 西尾章治郎: 装着型センサを用いた経路推薦機構をもつナビゲーションシステムの開発, 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2008), Vol. 2008, No. 1, pp. 641-649, 北海道 (July 2008).
  4. 村尾和哉, 寺田 努, 西尾章治郎: 加速度データの定常性判定による運動中のジェスチャ認識手法, 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2009), Vol. 2009, No.1, pp. 1380-1387, 大分 (July 2009).
  5. 中島悠貴,村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦,西尾章治郎: 可変サンプリングとデータ補完を用いた低消費電力な行動認識システムの設計と実装, 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2009), Vol. 2009, No. 1, pp. 1693-1700, 大分 (July 2009).
  6. 村尾和哉, 藤堂智史, 寺田 努, 矢野 愛, 松倉隆一, 塚本昌彦: 住宅内に設置した人感センサを用いた住人の移動推定手法, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2011) 論文集, pp. 315-322, 京都 (July 2011).
  7. 片山拓也, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 片手用キーボードのための打鍵間隔を用いた入力単語推定手法, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2011) 論文集, pp. 901-908, 京都 (July 2011).(優秀論文賞)
  8. 河口信夫, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶 克彦, 寺田 努, 村尾和哉, 井上創造, 川原圭博, 角 康之, 西尾信彦: HASC Challenge2010 :人間行動理解のための装着型加速度センサデータコーパスの構築, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO 2011) 論文集, pp. 69-75, 京都 (July 2011).(優秀論文賞)
  9. 河口信夫, 渡辺穂高, 楊天輝, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶克彦, 寺田努, 村尾和哉, 羽田久一, 井上創造, 川原圭博, 角康之, 西尾信彦: 大規模人間行動センシングコーパスHASC2012corpus の概要とその応用, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2012) 論文集, Vol. 2012, No. 1, pp. 1110--1116, 石川 (July 2012).
  10. 村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田努, 塚本昌彦: 行動の順序制約を用いた加速度データのラベリング手法, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2012)論文集, Vol. 2012, No. 1, pp. 2056--2061, 石川 (July 2012).(優秀プレゼンテーション賞)(最優秀論文賞)
  11. 出田 怜, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦: 加速度センサを用いたジェスチャ操作の早期認識手法の提案, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2013)論文集, Vol. 2013, No. 1, pp. 655-662, 北海道 (July 2013).
  12. 今井淳南, 村尾和哉, 寺田努, 塚本昌彦: 荷重センサを用いた机上動作の認識システムの設計と実装, 情報処理学会マ・泣`メディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2013)論文集, Vol. 2013, No. 1, pp. 1180-1187, 北海道 (July 2013).
  13. 村尾和哉, 寺田 努: ピーク値を用いた状況認識手法の実環境での再評価, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2014)論文集, Vol. 2014, No. 1, pp. 415-421, 新潟 (July 2014).
  14. 飛世速光, 村尾和哉, 寺田 努, 磯 俊樹, 塚本昌彦, 堀越 力: 圧力センサを用いた把持ジェスチャによる携帯端末の個人認証手法, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2014)論文集, Vol. 2014, No. 1, pp. 1027-1034, 新潟 (July 2014).
  15. 大西鮎美, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 装着型センサを用いた会議ログの構造化システム, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2014)論文集, Vol. 2014, No. 1, pp. 1860-1868, 新潟 (July 2014).
  16. 村尾和哉, 寺田 努, 矢野 愛, 松倉隆一: 疎に配置された赤外線時間センサを用いた住宅内人物移動推定, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO 2014)論文集, Vol. 2014, No. 1, pp. 1869-1876, 新潟 (July 2014).

その他の研究会等発表論文/Domestic conference paper without review

  1. 村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎: ウェアラブルコンピューティングのためのセンサ管理デバイスの設計と実装, 第4回ウェアラブルコンピューティング研究会研究報告, Vol. 2, No. 4, pp. 9-16, 大阪 (Mar. 2006).
  2. 村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎: ウェアラブルセンサの故障を考慮したコンテキストアウェアシステムの構築, 情報処理学会 インタラクション2007, ポスターセッション, CD-ROM, 東京 (Mar. 2007).
  3. 村尾和哉, 竹川佳成, 寺田 努, 西尾章治郎: 装着型センサの電源制御機構をもつ低消費電力なコンテキストアウェアシステムの設計と実装, 映像情報メディア学会情報センシング・メディア工学合同研究会技術報告, Vol. 31, No. 28, pp. 57-60, 広島 (June 2007).
  4. 村尾和哉, 寺田 努, 竹川佳成, 西尾章治郎: センサの組合せ制御による低消費電力なコンテキストアウェアシステムの開発, 第6回ウェアラブルコンピューティング研究会研究報告, Vol. 3, No. 6, pp. 25-34, 東京 (Oct. 2007).
  5. 村尾和哉, 寺田 努, 竹川佳成, 西尾章治郎: センサの組合せ制御機構をもつ低消費電力なコンテキストアウェアシステムの開発, 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2007-UBI-16), Vol. 2007, No. 118, pp. 71-78, 東京 (Nov. 2007).
  6. 村尾和哉, 寺田 努, 竹川佳成, 西尾章治郎: 高精度・高信頼なウェアラブルセンサシステムに関する研究, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2007, p. 47, 兵庫 (Dec. 2007).
  7. 中島悠貴, 村尾和哉, 山本哲也, 寺田 努, 塚本昌彦、西尾章治郎: 可変サンプリングとデータ補完を用いた低消費電力な行動認識システムに関する研究,ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2008, p. 1, 兵庫 (Nov. 2008).
  8. 村尾和哉,寺田 努,西尾章治郎: 低消費電力な行動認識システムの構築に向けて,ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2008, p. 2, 兵庫 (Nov. 2008).
  9. 片山拓也,村尾和哉,田中宏平,寺田 努,西尾章治郎: イベント空間におけるユーザ情報を活用した経路推薦機構をもつナビゲーションシステムの開発,ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2008, p. 36, 兵庫 (Nov. 2008).
  10. 村尾和哉, Kristof Van Laerhoven, 寺田 努, 西尾章治郎: センサのピーク値を用いた状況認識手法とその評価, 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2009-UBI-22), Vol. 2009-UBI-22, No. 11, pp. 1-8 奈良 (May. 2009).(優秀論文)
  11. 田中宏平, 田中 聡, 木下浩平, 南 靖彦, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦, 西尾章治郎: 寄付行為促進のためのIT募金箱の作成と実運用, 情報処理学会研究報告(エンターテイメントコンピューティング研究会 2009-EC-13), Vol 2009-EC-13, No. 4, pp 1-8, 茨城 (May 2009).
  12. 片山拓也, 村尾和哉, 寺田 努, 西尾章治郎: タイピングの特性を用いた文字入力中のコマンド入力方式, 情報処理学会研究報告(ヒューマンコンピューティングインタラクション研究会 2009-HCI-134), Vol. 2009-HCI-134, No. 4, pp. 1-8, 秋田 (July 2009).
  13. 片山拓也, 村尾和哉, 寺田 努, 西尾章治郎: 片手用キーボードのための入力補完手法, 情報処理学会研究報告(ヒューマンコンピューティングインタラクション研究会 2009-HCI-135), Vol. 2009-HCI-135, No. 5, pp. 1-6, 東京 (Nov. 2009).
  14. 村尾和哉, 寺田 努, 西尾章治郎: 定常性判定を用いた混合コンテキスト認識手法, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2009, p. 2 兵庫 (Nov. 2009).
  15. 中島悠貴, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦, 西尾章治郎: 加速度センサのサンプリング周波数制御による行動認識システムの省電力化手法, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2009, p. 1, 兵庫 (Nov. 2009).
  16. 川口 翔, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦, 西尾章治郎: 言葉による説明がジェスチャ認識精度へ与える影響の評価, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2009, p. 3, 兵庫 (Nov. 2009).
  17. 片山拓也, 村尾和哉, 寺田 努, 西尾章治郎: キーボードの打鍵特性を用いた文字入力中のコマンド入力方式, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2009, p. 42, 兵庫 (Nov. 2009).
  18. 片山拓也 村尾和哉, 寺田 努, 西尾章治郎: タイピング特性に基づいた文字入力中のコマンド入力方式, 日本ソフトウェア学会インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS 2009)論文集, pp. 169-170, 静岡 (Dec. 2009).
  19. 村尾和哉, 寺田 努, 矢野 愛, 松倉隆一, 西尾章治郎: センサ内蔵型モバイル機器を用いたジェスチャ認識に関する一考察, 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2010-UBI-25), Vol. 2010-UBI-25, No. 28, pp. 1-8, 東京 (Mar. 2010).
  20. 片山拓也, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: キーボードの打鍵情報を用いた図形型コマンド入力判別手法, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2010, p.1, 兵庫 (Dec. 2010).
  21. 村尾和哉, 寺田 努: 装着型センサを用いた行動認識が抱える課題とそれに対する取組み, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2010, p.6, 兵庫 (Dec. 2010).
  22. 中島悠貴, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 加速度センサのサンプリング制御とデータ補完を用いた行動認識システムの省電力化手法, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2010, p.25, 兵庫 (Dec. 2010).
  23. 茂刈春華, 小林泰貴, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 複数センサを用いた運動認識のための認識精度および装着性を考慮したセンサ装着位置評価, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2010, p.33, 兵庫 (Dec. 2010).
  24. 吉田 楽, 中島悠貴, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 疲労がジェスチャ認識に及ぼす影響に関する一考察, ユビキタス・ウェアラブルワークショップ2010, p.36, 兵庫 (Dec. 2010).
  25. 村尾和哉, 寺田 努: 指示の具体度がジェスチャ動作に与える影響の評価, 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2011-UBI-30), Vol. 2011-UBI-30, No. 6, pp. 1-8, 東京 (May 2011).
  26. 村尾和哉, 寺田 努, 矢野 愛, 松倉隆一: 人感センサを用いた住宅内人物移動推定におけるセンサ配置の最適化, 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 2011-MBL-59), Vol. 2011-MBL-59, No. 18, pp. 1-8, 神奈川 (Sep. 2011).(優秀発表)
  27. 片山拓也, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 片手用キーボードを用いた高速な文字入力手法, 日本ソフトウェア科学会第19回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2011), pp. 184-186, 青森 (Dec. 2011).
  28. 鳥居康幸, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 簡易メモを用いたセンシングデータのラベリング手法, ユビキタスウェアラブルワークショップ2011, p. 36 (Dec. 2011).
  29. 吉田 楽, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 加速度センサを用いたジェスチャ認識が疲労および忘却により受ける影響の評価, ユビキタスウェアラブルワークショップ2011, p. 40 (Dec. 2011).
  30. 茂刈春華, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 行動認識システムにおける認識精度と装着性を考慮したセンサ装着位置の評価, ユビキタスウェアラブルワークショップ2011, p. 41 (Dec. 2011).
  31. 村尾和哉, 寺田 努: 装着型センサを用いた複合的な動作の認識手法, ユビキタスウェアラブルワークショップ2011, p. 43 (Dec. 2011).
  32. 村尾和哉, 寺田 努: 加速度センサを用いた複合的動作の認識手法, 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2012-UBI-33), Vol. 2012-UBI-33, No. 19, pp. 1-8, 東京 (Mar. 2012).
  33. 吉田 楽, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 加速度センサを用いたジェスチャ認識に疲労および忘却が与える影響の評価, 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2012-UBI-33), Vol. 2012-UBI-33, No. 20, pp. 1-8 (Mar. 2012)
  34. 今井淳南, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 荷重センサを用いた机上状態の判別手法の提案, ユビキタスウェアラブルワークショップ2012, p. 21, 兵庫 (Dec. 2012).
  35. 吉田 楽, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: ジェスチャ認識における運動軌跡の時間的変化を考慮した学習サンプル数決定手法の提案, ユビキタスウェアラブルワークショップ2012, p. 26, 兵庫 (Dec. 2012).
  36. 出田 怜, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: ジェスチャ操作における出力の遅延軽減のための早期認識手法の提案, ユビキタスウェアラブルワークショップ2012, p. 27, 兵庫 (Dec. 2012).
  37. 茂刈春華, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 行動認識システムにおけるセンサのウェアラビリティを考慮したセンサ装着位置選択手法, ユビキタスウェアラブルワークショップ2012, p. 29, 兵庫 (Dec. 2012).
  38. 村尾和哉: 行動認識における実環境データと実験室環境データの違いに関する一考察, ユビキタスウェアラブルワークショップ2012, p. 45, 兵庫 (Dec. 2012).
  39. 吉田 楽, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 加速度センサを用いたジェスチャ認識における視聴覚フィードバックの影響調査, 情報処理学会研究報告(ヒーマンコンピュータインタラクション研究会2013-HCI-152), Vol. 2013-HCI-152, No. 11, pp. 1-8, 東京 (Mar. 2013).
  40. 大西鮎美, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 加速度データによるミーティング時の状況認識, ユビキタスウェアラブルワークショップ2013, p. 7, 兵庫 (Dec. 2013).
  41. 今井淳南, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 荷重センサを用いた日常的な机上動作の認識手法の提案, ユビキタスウェアラブルワークショップ2013, p. 16, 兵庫 (Dec. 2013).
  42. 奥川 遼, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: ペダリングスキル上達支援システムのための角速度センサ・ノよるペダリング評価, ユビキタスウェアラブルワークショップ2013, p. 19, 兵庫 (Dec. 2013).
  43. 村尾和哉: ジェスチャ認識のためのスポッティング技術, ユビキタスウェアラブルワークショップ2013, p. 46, 兵庫 (Dec. 2013).
  44. 出田 怜, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 演劇における加速度センサによる動作認識の活用, ユビキタスウェアラブルワークショップ2013, p. 36, 兵庫 (Dec. 2013).
  45. 飛世速光, 村尾和哉, 寺田 努, 磯 俊樹, 堀越 力, 塚本昌彦: 圧力センサを用いた把持ジェスチャによる携帯端末の個人認証特性評価, 情報処理学会研究報告(ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 2014-UBI-156), Vol. 2013-HCI-156, No. 14, pp. 1-8, 岐阜 (Jan. 2014).
  46. 出田 怜, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 加速度センサによるジェスチャの早期認識手法の提案とその応用, 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 2014-MBL-71), Vol. 2014-MBL-71, No. 16, pp. 1-7, 沖縄 (May 2014).(優秀論文)
  47. 奥川 遼, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 聴覚情報による引き込み効果を利用したペダリングトレーニングシステムの設計と実装, 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 2014-MBL-71), Vol. 2014-MBL-71, No. 16, pp.1-8, 沖縄 (May 2014).(優秀発表)
  48. 坂口拓嗣, 望月祐洋, 村尾和哉, 西尾信彦: 環境の変化に適応するWi-Fi標本自動管理手法, 情報処理学会研究報告(ユビキタスコンピューティング研究会 2014-UBI-42), Vol. 2014-UBI-42, No. 1, pp. 1-8, 富山 (May 2014).

デモ・展示/Demo and exhibition

  1. 村尾和哉, 寺田 努, 西尾章治郎: 装着型センサを用いた行動認識システムの省電力化について, USPF 連続集中検討会, ポスターセッション (Mar. 2009)
  2. 村尾和哉: ウェアラブルコンピューティングのための消費電力を考慮した行動認識システム, GCOE Work-In-Progress 研究会 提案型研究支援報告会, ポスターセッション (Mar. 2009)
  3. K. Murao and T. Terada: Constructing Mobile Phone-Based Context Recognition Systems for Real World Use, Microsoft Resarch Asia Faculty Summit 2012, Tianjin, China (Oct. 2012)
  4. 村尾和哉: 実世界行動認識システムの構築に向けて, 神戸大学工学フォーラム2012, 兵庫 (Nov. 2012).

その他(雑誌・会報等の記事)/Magazine

  1. 村尾和哉, 寺田 努: ISWC2006 参加報告, ヒューマンインタフェース学会誌, Vol. 9, No. 1, pp. 48-49 (Feb. 2007).
  2. 寺田 努, 村尾和哉: Pervasive2008 参加報告, バーチャルリアリティ学会誌, Vol. 13, No. 3, pp. 36-37 (Sep. 2008).
  3. 村尾和哉, 寺田 努: Pervasive2008 参加報告, 情報処理学会研究報告(2008-HCI-129)緑のページ (July 2008).
  4. 村尾和哉: 研究者海外派遣報告, 情報科学国際交流財団機関誌 イズ, Vol. 27, p. 1 (Jan. 2009).
  5. 村尾和哉: ウェアラブルコンピューティングのための行動認識技術に関する研究, 研究会推薦博士論文速報, 情報処理, Vol.52, No. 10, p. 1309 (Sep. 2011).
  6. 村尾和哉, “センサを用いた住宅内人物移動検出システム,” 電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン解説論文(小特集:ホームICT の新たな展開) pp. 126-134 (Jan. 2012).

講演等/Talk

  1. 村尾和哉: ウェアラブルコンピューティング研究動向調査〜ISWC2010での発表から〜, NPO法人ウェアラブルコンピューティング研究開発機構定例会, 大阪 (Oct. 2010).
  2. 村尾和哉, 寺田 努: 行動認識チュートリアル, HASC行動認識に関するチュートリアル, 東京 (Oct. 2010)
  3. 村尾和哉, 寺田 努: Pervasive2011/ISWC2011参加報告, 第59回情報処理学会モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会, Vol. 2011-MBL-59, No. 21, pp. 1-8, 神奈川 (Sep. 2011).
  4. 村尾和哉: Pervasive2012参加報告, 情報処理学会研究報告(モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会 2012-MBL-63), Vol. 2012-MBL-63, No. 21, pp. 1--6, 東京 (Aug. 2012).
  5. 村尾和哉: HASCcorpusを用いた既出提案手法の再評価, HASCシンポジウム2012, 東京 (Dec. 2012).
  6. 村尾和哉: HMD関連の研究紹介, NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構 HMDミーティング, 大阪 (Feb. 2013).
  7. 村尾和哉: UbiComp2013/ISWC2013報告, NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構 HMDミーティング, 大阪 (Oct. 2013).
  8. 村尾和哉: UbiComp2013参加報告, 情報処理学会モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会第69回研究発表会, 埼玉 (Dec. 2013).
  9. 村尾和哉: ウェアラブルデバイス最新動向, NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構 HMDミーティング, 大阪 (May 2014).

受賞/Award

  1. 村尾和哉: 情報処理学会第22回ユビキタスコンピューティングシステム研究発表会, 優秀論文 (May 2009).
  2. 河口信夫, 小川延宏, 岩崎陽平, 梶 克彦, 寺田 努, 村尾和哉, 井上創造, 川原圭博, 角 康之, 西尾信彦: 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2011), 優秀論文賞 (July 2011).
  3. 片山拓也, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2011), 優秀論文賞 (July 2011).
  4. 村尾和哉: 情報処理学会第59回モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究発表会, 優秀発表 (Sep. 2011).
  5. 村尾和哉: 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2012), 優秀プレゼンテーション賞 (July 2012).
  6. 村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田 努, 塚本昌彦: 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2012), 最優秀論文賞 (July 2012)
  7. 村尾和哉, 鳥居康幸, 寺田 努, 塚本昌彦: 情報処理学会論文誌ジャーナル特選論文 (Jan. 2014)
  8. 出田 怜, 村尾和哉, 寺田 努, 塚本昌彦: 情報処理学会第71回モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究発表会, 優秀論文 (May 2014)

資金獲得状況/Research budget

  1. 村尾和哉(代表者): 情報科学国際交流財団 平成20年度前期研究者海外派遣助成 GRANT NO. 2008.1.2.010, 220千円.
  2. 村尾和哉(代表者): 大阪大学大学院情報科学研究科海外インターンシップ助成, 540EUR+航空運賃 (2008年度).
  3. 村尾和哉(代表者): 自然言語処理を応用した人間の行動特性の抽出, 大阪大学グローバルCOE 提案型研究企画支援, 平成20年度第2回, 550千円 (2008年度).
  4. 村尾和哉(代表者): ウェアラブルコンピュータのための行動認識技術に関する研究, 日本学術振興会科学研究費補助金 特別研究員奨励費, 1,400千円 (2009〜2010年度).
  5. 村尾和哉(代表者): 赤外線人感センサを用いた住宅管理・制御システムの構築, 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B), 4,420千円 (2012〜2015年度).
  6. 村尾和哉(代表者): 行動認識のためのセンシングデータ自動アノテーション手法, 公益財団法人大川情報通信基金2013年度研究助成, 1,000千円 (2014年度).
  7. 村尾和哉(代表者): 小型センサを用いた行動認識におけるラベリング作業の自動化, 公益財団法人中島記念国際交流財団平成26年度日本人若手研究者研究助成, 2,000千円 (2014年度).

共同研究・委託研究/Joint research

  1. 寺田 努, 村尾和哉: 複合センシング情報に基づく人の行動把握の研究, 株式会社富士通研究所からの受託研究, 1,500千円 (2012年度).
  2. 寺田 努, 村尾和哉: 複合センシング情報に基づく人の行動把握の研究, 株式会社富士通研究所からの受託研究, 1,500千円 (2013年度).
  3. 寺田 努, 村尾和哉: スマートフォン搭載センサを利用したユーザ行動支援方式の研究, 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモとの共同研究, 1,250千円 (2013年度).
  4. 寺田 努, 村尾和哉: スマートフォンセンサデータを用いたPT調査の可能性検証, 株式会社三菱総合研究所からの受託研究, 1,500千円 (2013年度).

卒業研究報告書/Bachelor thesis

  1. ウェアラブルコンピューティングのためのセンサ管理デバイスの設計と実装

修士論文/Master thesis

  1. ウェアラブルコンピューティングのための消費電力を考慮したコンテキストアウェアシステムの構築

博士論文/Doctor thesis

  1. ウェアラブルコンピューティングのための行動認識技術に関する研究

学会活動等/Social activities

学会会員/Member of society
  1. 情報処理学会正会員(UBI研究会会員)
  2. 日本データベース学会正会員
  3. IEEE正会員
学会・研究会委員/Committee member of society
  1. 情報処理学会UBI研究会運営委員(2011年4月〜)
  2. 情報処理学会MBL研究会運営委員(2011年4月〜)
  3. ヒューマンインタフェース学会論文誌編集委員(2012年4月〜)
  4. 人間行動センシングコンソーシアム(HASC)実行委員(2012年4月〜)
国際会議等委員/Committee member of int'l conf.
  1. 4th International Universal Communication Symposium (IUCS2010) Program Committee
  2. 2nd Evaluating AAL Systems through Competitive Benchmarking Technical Program Committee
  3. 3rd Evaluating AAL Systems through Competitive Benchmarking Technical Program Committee
  4. Fifth International Conference on Mobile Computing, Applications and Services (MobiCASE 2013), Technical Program Committee
  5. The 2013 IEEE International Conference on Cyber, Physical and Social Computing, Track 1 Technical Program Committee
  6. International Workshop on Human Activity Sensing Corpus and its Application (HASCA 2013) UbiComp2013 workshop, Program Committee
国内ワークショップ等委員/Committee member of domestic conf.
  1. ユビキタスウェアラブルワークショップ2009 運営委員(プログラム担当)
  2. ユビキタスウェアラブルワークショップ2010 運営委員(出版担当)
  3. ユビキタスウェアラブルワークショップ2011 実行委員長
  4. ユビキタスウェアラブルワークショップ2012 実行委員長
  5. 情報処理学会シンポジウム インタラクション2012 運営委員会 広報委員
  6. 情報処理学会シンポジウム インタラクション2013 運営委員会 広報委員
  7. エンタテインメントコンピューティング2012, 運営委員 ローカル担当
  8. 情報処理学会DICOMO2013, 実行委員 デモセッション担当
  9. 情報処理学会UBI36 プログラム担当
  10. 情報処理学会MBL65 プログラム担当
  11. 情報処理学会UBI39 プログラム担当
座長等/Chair and etc.
  1. 情報処理学会DICOMO2011,2012,2013,座長
  2. データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2012,2013), コメンテータ
  3. 情報処理学会UBI35,UBI36,UBI37研究会,座長
  4. ユビキタスウェアラブルワークショップ2010,2011,2012, 座長
  5. 情処論文誌ユビキタスコンピューティングW編集委員